ビデオ喉頭鏡市場、2022年~2028年までCAGR16%で成長予測

ビデオ喉頭鏡市場は、2022年から2028年までCAGR16%で成長すると予測されています。市場は2028年に約9億5,000万米ドル規模に到達する見込みです。

市場インサイト

ビデオ喉頭鏡(VL)は、間接的な喉頭鏡検査、すなわち声帯および関連する気道構造を直接視認することなく可視化できる硬性デバイスです。喉頭鏡は、声帯や喉の問題を治療するために使用します。ビデオ喉頭鏡は、困難な気道を挿管する場合に推奨されます。ビデオ喉頭鏡は直接喉頭鏡と比較して、入院費の削減、入院期間の短縮、ICUへの入室率の低下、合併症の減少に関連しています。小児用としてデザインされたビデオ喉頭鏡も製造されています。ビデオ喉頭鏡は過去数年間に発展し、現在では手術室の標準装備となっています。この装置では声門を間接的に見ることが可能です。

患者数の増加により、政府は意識を高めるための取り組みを行うようになり予測期間中の市場成長を促進する予想です。ビデオ喉頭鏡の需要は、診断と治療のための高度な技術と改善された解像度のために増加しています。しかし、感染症や出血、斑点、刺激、会話中のピッチの変化など、処置に関連する副作用が市場成長を妨げています。医療分野における技術の進歩と近代化は、市場に新たな有利な機会をさらに創出する見込みです。

北米は先進的な製品と研究開発活動への幅広い認識、定評のある医療機関の存在感の高まり、手術におけるビデオ喉頭鏡の導入における有望な政府の取り組みにより、市場を支配しています。ヨーロッパは、医療プロセスの改善と低侵襲手術の導入が進んでいることから、ビデオ喉頭鏡市場で2番目に大きな地域となっています。アジア太平洋とラテンアメリカは、主要な市場参加企業のプレゼンスの増加、研究開発活動の上昇、および外科的治療の選択肢に対する意識レベルの増加により、ビデオ喉頭鏡市場の成長が期待される地域です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]