経カテーテル僧帽弁置換術の市場、2022年~2028年までCAGR27%で成長予測

経カテーテル僧帽弁置換術市場は、2022年から2028年までCAGR27%で成長すると予測されています。

市場は2028年に60億米ドル規模に到達する見込みです。

市場インサイト

僧帽弁は、二尖弁または左房室弁としても知られ、左心房と左心室の間に位置する心臓の二重弁です。僧帽弁と三尖弁は、心房と心室の間にあるため、まとめて房室弁と呼ばれています。僧帽弁は、左心房と左心室の間の血流を管理し、左心房への血液の逆流を防いでいます。僧帽弁逆流とは、左心室が収縮するたびに血液が僧帽弁から後方に漏れることです。血流の異常を引き起こす僧帽弁疾患の中で最も多い疾患です。

従来の外科的開心術よりも低侵襲な処置の採用が増え、入院期間の短縮、感染リスクの低さ、出血の少なさが市場をさらに後押ししています。世界保健機関(WHO)によると、心血管疾患を患う人の数は2030年までに2,220万人に増加すると推定されています。TMVRの市場は、2022年までに約30億米ドルに達する見込みです。しかし、この市場の成長を阻害する要因として、CVD疾患に対して利用可能な他の治療法と比較して、LMVDの移植に関連するコストが高いことが挙げられます。また、発展途上国の医療エコシステムの急速な発展に伴い、新たなビジネスチャンスの拡大が期待されています。

地域別では、北米が予測期間中、市場の中心的な地位を占めると予想されます。アジア太平洋地域は、同市場で最も急速に成長している地域と予想されます。 2018年にオンラインジャーナル「National Library of Medicine」に掲載されたコホートコミュニティ研究によると、2030年までに米国で心臓弁膜症に苦しむ人が約2.3人いると予想されています。心臓弁の病気や障害に悩む人が多いことから、近い将来、僧帽弁置換術の大きな需要が生まれるでしょう。また、これらの治療を受けることができる医療施設も北米では高い水準にあります。さらに、アジア太平洋地域は医療へのアクセスが向上していることから、世界で最も急速に成長している地域となる見込みです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]