ソーダ灰市場、2022年~2028年までCAGR6%で成長予測

ソーダ灰の市場は、2022年から2028年までCAGR6%で成長すると予測されています。市場は2028年に約260億米ドル規模に到達する見込みです。

市場インサイト

 ソーダ灰(Na2CO3)は、炭酸ナトリウムや洗濯用ソーダとしても知られており、白色で無臭、無毒のナトリウムの有機塩です。ガラス、化学薬品、洗剤、その他様々な工業製品の製造に使用される重要な原料です。一般に天然の鉱床に存在し、ナトリウムを多く含む土壌に生育する植物の灰からも得ることが可能です。

ソーダ灰はクロールアルカリに属し、殺菌作用があるため多くの産業で広く使用されています。ガラス産業は、都市部での急速な建設ラッシュを背景に、新興経済圏で強い牽引力を獲得しています。また、化学や洗剤業界は、洗濯機の販売を増加させ、ランドリーサービスを急増させた可処分所得の増加に起因するだけではありません。ソーダ灰の市場を押し上げるもう一つの大きな要因は、採掘プロセス、すなわち室内および柱状採掘技術における技術的進歩です。

ソーダ灰は、自動車産業、商業ビル、コンテナ住宅、および断熱材用のガラスの製造のために、ガラス製造産業で主要な用途が発見されました。ソーダ灰は、鉄や非鉄の鉱石からカルシウム、リン、硫黄を除去する冶金工程に重要な役割を果たします。さらに、アルミニウムと亜鉛のリサイクル工程でも広く使用されています。溶解性が高いため、着色剤、染料、肥料、合成洗剤などの原料として化学工業で使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]