前立腺癌の市場、2022年~2028年までCAGR8.5%で成長予測

前立腺癌治療薬の市場は、2022年から2028年までCAGR8.5%で成長すると予測されています。市場は2028年に約210億米ドル規模に到達する見込みです。

市場インサイト

前立腺がんは、膀胱の下、直腸の前に位置する男性生殖器官の腺である前立腺に発生する悪性腫瘍、またはがん細胞群です。前立腺がんは良性の場合もありますが、転移を起こし、生命を脅かすようになる場合もあります。前立腺がんは一般的に50歳以上の男性に発生します。遺伝的な要因、赤身の肉が多い食事、男性ホルモン(アンドロゲン)に影響を与える環境要因が前立腺がんの病因に影響を及ぼします。皮膚がん以外では、前立腺がんは米国人男性に最も多く見られるがんです。前立腺癌治療薬市場は、患者のアンメット・メディカル・ニーズに対応し、有効性の向上と低コスト化を実現する新薬に対する需要が非常に大きい市場です。

新薬や治療法の開発における技術革新、FDAの承認を得て市場に参入する多数の新薬、ホルモン抵抗性前立腺癌治療薬市場の高成長、高齢化社会の基盤強化などが、この市場の成長を促す主な要因となっています。

さらに、前立腺がんの有病率の上昇、人々の生活習慣の変化、患者の医療意識の高まり、非侵襲性治療に対する需要の増加などが、今後数年間の市場成長をさらに促進すると予想されます。こうした推進要因の一方で、前立腺がん市場は、時間のかかる規制遵守や前立腺治療薬の高コストといった課題にも直面しています。

しかし、前立腺がんの治療法に関する技術革新が数多く進行しているため、市場は今後上昇する可能性が高いと考えられます。がん治療薬の研究開発への投資が拡大していることから、新たなビジネスチャンスが生まれると期待されています。

予測期間中、北米が市場をリードする見込みです。米国癌協会によると、米国内だけで268,490人の前立腺癌の新規診断例と34,500人の前立腺癌による死亡例が発生する予想です。政府の援助とがん研究開発への支出が、北米の産業を前進させています。前立腺がん治療へのアクセスは、がん専門病院、研究所、診療所などの高度な医療インフラによって促進されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]