ポータブルX線装置市場、2021年~2028年までCAGR11%で成長予測

ポータブルX線装置の市場は、2022年から2028年までCAGR11%で成長すると予測されています。市場は2028年に120億米ドル規模に到達する見込みです。

市場インサイト

X線は電磁波の電離放射線であり、多様な産業で幅広い用途に使用されています。ヘルスケア業界では、この電離放射線(X線)装置が画像診断市場全体の中で最大のシェアを占めています。主な要因は、人口の高齢化、慢性疾患患者の増加、ライフスタイルの変化、技術の進歩、がんや整形外科疾患の発生率の増加などです。このようなデバイスの需要は、利便性を重視する患者の増加や医療技術の発展を軸とした複数の要因によって浮上しています。

ポータブルX線機器市場は、他の市場とは異なり、Covid-19の大流行が影響を及ぼしました。このパンデミックは、市場にネガティブな面とポジティブな面の両方がありました。外来患者施設や在宅医療施設では、新しいポータブルX線装置の需要が増加しました。

また、市場の製造会社は部品や原材料の輸送が制限されたため、調達に支障をきたしました。しかし、医療が整いつつある現在、需要は再び勢いを取り戻す予想です。

外来患者施設や独立した医師・神経科医のオフィスからの需要も、近い将来に拡大すると見込みです。 技術的な急速な進歩、患者の満たされていない医療ニーズを満たすための企業の注力、技術革新に向けた政府・民間組織からの支援の増加、市場における多数のプレイヤーの存在などにより、先進技術の継続的改善と画質の向上を伴うポータブル医療機器市場の導入が進んでいます。

X線装置の技術はアナログ画像からデジタル画像に移行し、画質、線量低減技術、ワークフローの効率化などが継続的に改善されています。在宅医療機器や低侵襲診断装置の需要の高まりが、ポータブルX線装置の採用・開発の主な理由です。ポータブルX線装置の需要は、他の画像診断装置と同様、ここ数年で急激に増加しており、その利便性から今後も増加傾向が続くと考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]