ペプチド治療薬市場、2022年~2028年までCAGR10%で成長予測

ペプチド治療薬市場は、2022年から2028年までCAGR10%で成長すると予測されています。市場は2028年に約640億米ドル規模に到達する見込みです。

市場インサイト

ペプチドは、ペプチド結合でつながったアミノ酸の短い鎖です。シグナル伝達や抗感染症など、細胞内で多くの役割を果たします。ペプチドの治療への適性は、体内で自然に生成されるペプチドを基にしたもの、自然に生成されるペプチドに類似したもの、あるいは体内で新規の配列であるかどうかによって決定されます。市場成長の主な要因は、がんや代謝異常の増加、新薬の研究開発への投資の増加、ペプチド治療薬の技術的進歩などです。世界保健機関(WHO)によると、がん、心疾患、糖尿病などの慢性疾患は、世界における死亡および身体障害の主な原因となっています。一貫して増え続けるがん人口と技術の進歩により、予測期間を通じて成長機会が発見される可能性があります。

ペプチドは、COVID-19の治療薬として製造・再利用されています。研究者たちは、SARS-CoV-2の複製プロセスを停止させるか、または感染によって引き起こされる症状を治療する化合物を世界中で研究しています。2020年2月21日、FDAは生物学的製剤の定義を更新し、40アミノ酸以上100アミノ酸未満の化学合成ポリペプチド(合成タンパク質)および40アミノ酸以下の合成ペプチドを含めるようにしました。2020年5月現在、COVID-19の治療薬として、SARS-Cov-2感染による急性呼吸窮迫症候群(ARDS)等の呼吸器疾患の治療薬として開発中の合成ペプチド15種類を含め、21種類のペプチド医薬品が存在します。

したがって、COVID-19に対処するための治療オプションとしてペプチド医薬品が検討されており、ペプチド治療薬市場に好影響を与える可能性があります。

とはいえ、がんや代謝性疾患などにおけるペプチド治療薬の現在の用途は、COVID-19以外の治療薬に関連する臨床試験の進捗の遅れに加え、薬剤の不足やサプライチェーンの問題によって混乱しているのが実情です。

世界のペプチド治療薬市場は、過去数年間、進歩的な成長を遂げてきました。市場の成長は、代謝異常の有病率の上昇とがん患者の増加に大きく起因しています。最近の技術的進歩により、ペプチド医薬品の生産コストが削減され、市場の成長が著しく加速しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]