ライセンスのないスポーツグッズ市場、2022年~2028年まで著しいCAGRで成長予測

ライセンスのないスポーツグッズ市場は、2022年から2028年まで著しいCAGRで成長すると予測されています。

市場インサイト

ライセンスのないスポーツグッズは、非ライセンス事業者によって製造・販売されるライセンススポーツアパレル、アクセサリー、その他の製品のレプリカまたは模造品です。これらの製品は、視覚的にはライセンススポーツ用品と似ていますが、素材の種類、縫製の品質、色、その他の面で違いがあります。ライセンスのないスポーツグッズの中には、スポーツ団体に関連する著作権のあるロゴや他の種類のものが含まれている場合がありますが、製品のデザインは異なる場合があります。

法的な問題を避けるため、メーカーによっては、スポーツ団体とライセンシーの間のライセンス条件に抵触しないよう、歪んだロゴやデザインを使用している場合があります。また、スポーツ団体に関連するロゴやその他の部分がない製品もありますが、色やデザインは特定のスポーツ団体のアイデンティティに類似しています。アメリカンフットボール(NFL)、野球、クリケット、バスケットボール、フットボール、テニスなどのスポーツのノンライセンスグッズは、世界中のスポーツファンの間で人気です。

ライセンスのないスポーツグッズ市場の特徴は、多数の小規模メーカーの存在、低価格化、商品の密輸、安価な輸入品、法的紛争、活況な販売にあります。世界中でスポーツリーグの人気が高まっていることが、市場の成長を後押ししています。ブランド化されたライセンススポーツ用品の価格が高いため、多くのスポーツ愛好家にとっては手が届かず、安価な代替品を好むようになっています。これが非ライセンススポーツ用品市場の成長を後押ししています。スポーツファッショントレンドの人気が高まっていることも、市場を後押しする要因のひとつです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]