ナノファイバー市場、2022年~2028年までCAGR21%で成長予測

ナノファイバーの市場は、2021年から2028年までCAGR21%で成長すると予測されています。市場は2028年に約40億米ドル規模に到達する見込みです。

市場インサイト

ナノファイバーは、直径が1,000ナノメートル未満の繊維と定義されています。ナノテクノロジーの進化に伴い、産業での応用も増えています。製品にナノコンポジットを使用することで、物理的特性が改善されます。ナノファイバーは、優れた機械的および化学的特性を有するナノコンポジットです。ヘルスケア、航空宇宙・防衛、エレクトロニクス、自動車、その他を含む最終用途産業で利用されます。ナノファイバー市場は、他のナノコンポジット市場と同様に新しい市場です。

さらに、生産における低コストのポリマーの採用が増加し、市場の需要を拡大しています。ポリマーナノファイバーは、低い生産コストを持っており、いくつかのアプリケーションで使用されています。持続可能で環境に優しい製品に対する消費者の好みのシフトは、市場の成長を支えています。工業化の急速なペース、産業用途の増加に伴うナノファイバー製品の商業化の増加、技術革新への継続的な取り組み、研究開発投資の増加は、市場の成長に寄与する重要な要因の一つです。

持続可能で環境に優しい製品に対する消費者の好みのシフトは、ナノファイバー市場の成長を支えています。しかし、複雑な製造手順と高価な計装によるカーボンナノファイバーの拡張性の欠如は、成長の主な抑制要因となっています。それでも新しい製造技術のための研究開発への投資の増加は、ナノファイバー市場の主要な企業に有利な機会を提供することが期待されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]