代謝障害治療薬市場、2022年~2028年までCAGR7%で成長予測

代謝障害治療薬市場は、2022年から2028年までCAGR7%で成長すると予測されています。市場は2028年に1,080億米ドル規模に到達する見込みです。

市場インサイト

代謝は、ヒトが食べた食物から人体がエネルギーを生成するプロセスです。人間が摂取する食物は、タンパク質、炭水化物、脂肪で構成されています。人間の消化器官内の化学物質が、食物の部分を糖と酸に分解します。代謝異常は、人体内の異常な化学反応によってこのプロセスが阻害されることで発生します。体内のすべてのプロセスは酵素によって制御されているため、酵素の欠乏に起因します。炭水化物、タンパク質、脂肪の生成と代謝に関与する経路に障害があると、代謝障害につながります。

薬剤開発のための産学連携の増加は、代謝障害治療薬市場の成長をもたらす重要な要因となっています。さらに、糖尿病人口の増加がこの市場の成長に大きく寄与しています。国際がん研究機関によると、2020年の世界の新規がん患者数は1,930万人であり、世界保健機関では、糖尿病患者の数は世界で4億2,200万人になると推定しています(WHO)。コンプライアンスの低さ、代謝障害治療薬のアドヒアランス率、代替治療オプションの利用可能性などが、この市場で活躍する企業が直面する主な課題です。世界の代謝障害治療薬市場は、戦略的な提携や買収、R&D投資の増加により、市場規模を拡大するための機会を提供する見込みです。

北米は市場最大の地域となり、アジア太平洋地域は最も急速に成長する地域となると予想されます。北米では、特に米国などの国々で糖尿病患者の人口が大幅に増加しています。これらとは別に、座りっぱなしのライフスタイルにより、肥満に悩む人々も増加しています。糖尿病や肥満を患っている人は、代謝異常を起こしやすいと言われています。代謝異常の治療薬に対する需要は今後も高水準で推移すると予想です。市場参加企業の集中も北米の市場成長を後押ししています。アジア太平洋地域は、インドや中国などの国々における糖尿病や肥満の高い有病率、また同地域の医療インフラの改善により最も急速に成長する見込みです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]