免疫療法薬市場、2021年~2028年までCAGR10.5%で成長予測

免疫療法薬の市場は、2022年から2028年までCAGR10.5%で成長すると予測されています。市場は2028年に約3,800億米ドル規模に到達する見込みです。

市場インサイト

免疫療法は、病気や感染症に対抗するために人体の免疫システムの能力を活用する生物学的治療法です。免疫療法には、がん細胞の攻撃に対してより賢く働くように免疫系を刺激する方法と、免疫系を構成する人工的なタンパク質やその他の免疫系成分を誘導して免疫力を向上させる方法があります。免疫療法は、脳腫瘍、膀胱癌、乳癌、子宮頸癌、大腸癌、胃癌、腎臓癌、リンパ腫、白血病、肺癌、卵巣癌、前立腺癌、メラノーマなどの複数の種類の癌に対する代替治療法です。がんの場合、免疫療法は、がん細胞の成長を遅らせたり、止めたりするのに役立ち、体の他の部位へのがんの広がりを止め、がん細胞を効果的に破壊するために免疫系を刺激することができます。

免疫療法市場は、生活習慣病の患者数の増加や、副作用の少ない標的治療への嗜好が原動力となっています。化学療法に関連する重篤な副作用を嫌うがん患者のための代替的な最前線治療として重要性を増しています。がん患者数の増加、副作用の少なさ、患者の意識の高まりなどが、市場の成長を促進する主な要因であると考えられています。

免疫チェックポイント阻害剤と風邪のウイルスを併用することで、一部の進行性メラノーマ患者においてより良い免疫反応が得られています。免疫療法に関連する研究プログラムが進行中であることから、予測期間中に多発性硬化症、中皮腫、麻痺などの疾患に対する新薬や効果的な治療法が生まれると予想されます。免疫療法薬の製造にかかる高いコストは、市場の主要企業にとって大きな課題となっています。免疫療法の治療費の高さと製品サイクルに関連する減価償却費の高さは、市場の成長に対する主な阻害要因となっています。新興国は、非常にコストのかかる従来のがん治療に代わる治療法への需要が高まっているため、主要企業に拡大の機会を提供すると予想されます。

地域別では、北米が予測期間中、市場を支配する地域となる見込みです。また、アジア太平洋地域は、同市場において最も急速に成長している地域であると予想されます。北米地域は世界最大の免疫療法市場です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]