止血剤と組織シーラントの市場、2022年~2028年まで著しいCAGRで成長予測

止血剤と組織シーラント市場は、2022年から2028年まで著しいCAGRで成長すると予測されています。

市場インサイト

止血剤と組織シーラントは怪我や外科手術による出血を防ぎ、治癒を促進させるために使用される医療機器です。凝固系は、止血や血小板栓形成などの血液凝固に関与するタンパク質や血液細胞から構成されています。世界的な手術件数の増加により、市場の大幅な拡大が見込まれています。

血友病や免疫性血小板減少症は、血液が通常の方法で凝固しない疾患です。外科手術では、出血を抑えるために止血剤と組織シーラントが使用されます。血管が傷つくと、出血を防ぐための仕組みが血栓です。手術時には、止血剤という手術器具で出血を抑えます。組織シーラントは、生体基材と物理的薬剤の2種類に分類されます。

世界的な手術件数の増加、幅広い用途、患者の安全性、迅速な回復、技術の進歩などが、止血剤と組織シーラント市場の成長を促す主な要因となっています。これらの医療機器に関する認知度の低さが、市場の主要な抑制要因となっています。医療機器は、承認される前にいくつかの試験を受ける必要があるため、制御するための厳格な規制ルールがこの市場の成長を抑制する主な要因です。MI処置の人気の高まり、新しい組織密封剤と止血剤の開発は、この市場に多くの機会をもたらす見込みです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]