セルラー閉じ込めシステム市場、2021年~2028年までCAGR15.50%で成長予測

セルラー閉じ込めシステムの市場は、2022年から2028年までCAGR15.50%で成長すると予測されています。市場は2028年に約23億米ドル規模に到達する見込みです。

市場インサイト

セルラー閉じ込めシステムは、1970年代に米国陸軍が軟弱地盤や湿潤気象条件下での道路や、滑走路の建設用に開発したのが始まりです。このシステムはジオセルとも呼ばれています。高密度ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリエステルなどのポリマーアロイで作られたハニカム構造のような立体的なマットです。ジオセルは主に建設分野で、地盤補強、斜面保護、水路保護、荷重支持、木の根の保護に関連する分野で使用されています。世界中の製造業やインフラストラクチャのフレームワークのゾーンで増加し、いくつかの新興国での開発の立ち上がりは、市場の成長のための重要な要素です。

水の保全活動のためのセルラー閉じ込めシステムアプリケーションの上昇、ポリエステルと高品質の混合物構築細胞閉じ込め機能のニーズの増加、およびナノファイバー構築と実体のない成長は、市場を操作する追加の要因です。継続的な調査と開発プロジェクトは、重荷電機能のためのより多くのチャンスを生成し、今後数年間で重荷電実装のためのより多くのチャンスを生成するために推定されています。

セルラー閉じ込めシステム(ジオセル)の市場は、主にアジア太平洋地域とラテンアメリカの新興市場における需要の増加により、予測期間中に大きな成長を遂げると予測されます。インフラや道路の急速な発展、新興市場における都市化の進展、斜面や水路の保護における利用拡大などが、予測期間中に同市場の成長を促進する主な要因となっているものと思われます。一方、代替品の普及は、予測期間中の同市場の成長を抑制する可能性があります。しかし、この抑制要因の影響は長期的には小さいと予測されます。セルラー閉じ込めシステム設計における継続的な研究開発活動は、今後数年にわたって重負荷アプリケーションのためのより多くの機会を生み出すと予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]