サーフィン用品市場、2021年~2028年までCAGR5%で成長予測

サーフィン用品の市場は、2021年から2028年までCAGR5%で成長すると予測されています。

市場は2028年に約50億米ドル規模に到達する見込みです。

市場インサイト

サーフィンは、岸に打ち寄せる波の頭上を、バランスを取りながら進む人気のウォータースポーツです。インスタグラムなどのソーシャルメディアにより人気が高まり、人々はアウトドア活動に熱中するようになりました。サーフィンは、2021年の東京オリンピックの種目にもなっている成長中のスポーツです。有名なサーフィンイベントには、WSL(World Surf League)、2021 ISA World Surfing Games、2022 Billabong Pipeline Masters、などがあります。

サーフィン用品の市場の成長を牽引している主な要因は、ミレニアル世代の間で世界的にウォータースポーツやアドベンチャースポーツの人気が高まっていることです。ミレニアル世代がサーフィンのような冒険的なスポーツを取り入れるようになっていることも市場を牽引しています。

サーフィンは国際観光を促進し、サーフィン用具を使用することで、波の動きに対する個人の体の動きを容易にし、市場の成長を加速させると見込まれています。特にミレニアル世代を中心とした冒険好きな消費者の関心の高まりが、さらに市場に影響を及ぼしています。機器の製品の発売や技術革新は、予測期間中に企業に有益な機会を拡大します。

地域別のサーフィン用品市場のセグメンテーションは、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカです。北米のウォータースポーツの人気は、ビーチがあるため非常に巨大であり、サーフィンに最適で、多くの潜在顧客を魅了しています。北米地域では、サーフボードのカテゴリーがかなりのシェアを占めており、この傾向は予測期間中も続く見込みです。ニュージーランドとオーストラリアは、世界中で最も人気のあるサーフィン地域の一つです。このため、多くの消費者がサーフィンをするようになり、市場を牽引していくと予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]