メソセラピー市場、2022年~2028年までCAGR11%で成長予測

メソセラピー市場は、2022年から2028年までCAGR11%で成長すると予測されています。

市場は2028年に約9億9,000万米ドル規模に到達する見込みです。

市場インサイト

メソセラピーは、ビタミン、酵素、ホルモン、植物抽出物を含む注射を使用し、皮膚を若返らせ引き締めるために使用されている非外科的手法です。お腹、太もも、お尻、脚、腕、顔などの余分な脂肪の除去やセルライトの減少にも使用されます。脱毛症の治療のためにメソセラピーを受ける人も存在します。皮膚の中間層(中胚葉)に、非常に細い針で特定の物質を注入します。

血行不良や炎症のような、皮膚の損傷を引き起こす根本的な問題は、この技術の使用によって修正されています。メソセラピーは、4~6回のセッションのパックとして購入する必要があり、1〜2週間の間隔で行うことができます。最適な効果が得られたら、結果を維持するために1年に約2回の治療を推奨しています。

年齢関連の健康問題の数の増加と発展途上国全体で美容外科の需要の増加は、市場の成長に貢献している主要な要因です。美容整形では、メソセラピーは一般的に非侵襲的な美容治療として使用されており、より少ない時間で施術可能で、痛みが少なくなっています。

メソセラピーは、痛みを伴わず、短時間で施術が可能なため、より複雑な肌の若返りプロセスの代替に役立ち、世界的にメソセラピー市場に多くの機会を創出すると推測されています。

地域別では、ヨーロッパがメソセラピー市場で最大のシェアを占めています。これは、中高年層の人口が増加していることに加え、同地域には多くのメーカーが進出しているため、製品の入手が容易であることに起因しています。また、美容への関心が高まっており、脱毛はこの地域で最も一般的な悩みの1つと考えられています。しかし、アジア太平洋地域は、メソセラピー市場の中で最も高い成長率を示す予想です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]