耐摩耗コーティング市場、2021年~2028年までCAGR5.50%で成長予測

耐摩耗コーティング市場は、2022年から2028年までCAGR5.50%で成長すると予測されています。

市場インサイト

耐摩耗コーティングは、一般的に発電分野において、風力タービンブレード、コンクリート冷却塔、バルブ、格納容器、原子力部品、発電機、ダム構造物、タービンなどに使用されています。耐摩耗コーティングは、主に潤滑油に適さない適用領域で、表面の摩耗を低減または完全に根絶するために利用されます。このような層は主に天候の悪影響から保護するために発電分野で使用されています。実際には風力発電産業において、従来の塗料やゲルコートと比較してブレードの操作性を20年向上させるために使用されています。耐摩耗コーティングは紫外線安定性を向上させ、汚れのピックアップを最小限に抑え、優れた耐摩耗性と低反射性を提供します。

耐摩耗コーティングは、石油・ガス、海洋、輸送、発電、インフラ、産業など最終用途分野で用途が見出されています。最終用途部門は、世界中の新興経済国に拡散しており、予測期間中に市場を推進すると予想されます。耐摩耗コーティングは内装や外装にも使用され、工具や機器に効果的な機能と長寿命を提供します。新興国での優れた品質のセラミックベースのコーティングに対するニーズの高まりが、市場の成長を後押ししています。

しかし、導入コストの高さや環境・安全に対する懸念が、耐摩耗性コーティング市場の発展を妨げています。再生可能エネルギー源の採用が増加していることは、市場に十分な成長機会を提供すると予想されます。

耐摩耗性コーティング市場は、金額と数量で北米が優位に立つと予想されます。この地域の成長は、多数の製品メーカーが存在することに起因しています。北米地域の産業部門の拡大も、予測期間中の市場成長に拍車をかけると予想されます。欧州は輸送、復興、発電などの産業があることから、耐摩耗コーティング市場で2番目に大きな地域となっています。ドイツ、イギリス、フランス、ロシアが欧州市場の主な貢献国となっています。アジア太平洋地域の耐摩耗コーティング市場は、同地域の急速な工業化と都市化により急速に成長しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]