ビルディングアナリティクスの市場、2021年~2027年はCAGR14.3%で成長予測

ビルディングアナリティクスの市場は、2021年から2027年の予測期間において14.3%のCAGRで成長すると予測されます。

市場インサイト

ビルディングアナリティクスの市場は、2021年に77億6,800万米ドルで、2027年には173億6,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中のCAGRは14.35%であるとされています。

ビルディングアナリティクスは、ネットワーク化されたセンサー、ビルディング管理システム、統合ワークプレイス管理システムなどのスマートビルディング技術から収集した情報を利用することを意味します。これは建物について洞察を得るために使用されます。

ビルディングアナリティクスソフトウェアの開発機能は、ビルディングマネジメントシステムによって形成される複雑なデータを単純なデータに変換することです。ビルインフラの暖房、換気、空調、その他のシステムを監視し、制御するのに役立ちます。エネルギー性能の最適化により、エネルギーコストの削減や設備寿命の向上、居住者の快適性の向上が期待できます。さらに、分析ソフトウェアは、ビルオートメーションシステムや電気機器の寿命を延ばします。

エネルギー効率の高いプログラムと開発会社による運用コストの削減のための需要の高まりは、市場の拡大を推進する主な駆動要因の一つです。政府の取り組みやインセンティブ、クラウドベースのIoTプラットフォームの採用の増加は、ビルディングアナリティクス市場の拡大のための可能性がある要因です。スマートビルやクラウドコンピューティング技術の採用が進み、市場の拡大が強化されています。

エネルギー管理の用途は、敷地内の過剰なエネルギー消費を削減するために利用されています。革新的な変化により、情報通信技術市場内の一定の進展は市場を構築することの効率を強化しています。 しかし、ビルディングアナリティクスサービスを利用するために余分な支出が必要であることが、予測期間内の市場の妨げになると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]