家畜モニタリングソリューション市場、2021年~2027年はCAGR13.9%で成長予測

市場インサイト

家畜モニタリングソリューションの市場は、2021年に38億3,600万米ドル付近の規模になりました。2021年から2027年の間にCAGR13.9%で成長すると予測されています。主に動物や牛乳・乳製品を含む製品に関連するすべての取引を監視するために使用されるソリューションは、家畜モニタリングとして知られています。このプロセスでは、動物に関連するあらゆる種類の病気、ミルクや肉の消費量、動物に関連する薬品のコストを監視し、スマート農業の方法として考えられています。家畜の損失を防ぐために重要な問題は、家畜のモニタリングによって発見することができます。家畜の病気によって農家は大きな損失を被っており、IoTを活用した家畜管理のニーズが高まっています。したがって、家畜の管理に関連する全体的な利益を向上させるため、農家のための不可欠な方法として認知されています。

家畜モニタリングソリューション市場の成長を促進する主要な要因は、需要の高まりです。農家や家畜の大規模な人口の間で増加利益の懸念に起因し、簡単に家畜モニタリングソリューションの助けを借りて管理することができます。さらに、世界的な羊の数の増加、IoTやクラウドなどの技術開発の進展、IoT対応サービスの普及拡大、クラウドベースのソフトウェアの適用拡大、家畜の病気検出のニーズの高まりなども、市場の成長を促進している要因の1つとなっています。しかし、農家が巨額の設備投資に踏み切れないこと、農家のスキルセットや技術理解が限られていることが、市場の成長を阻害する2つの大きな要因となっています。一方、酪農家や牛の飼育頭数の増加、家畜のモニタリング管理に伴うコスト削減は、市場に有利な機会をもたらすと期待されています。

家畜モニタリングソリューション市場は、地域別に北米、欧州、アジア太平洋、その他の地域に区分されます。北米は、家畜管理ソリューションの分野で技術革新が進んでいることから、市場全体の主要地域となることが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]