BFSI向けIoTの市場、2021年~2027年までCAGR46.75%で成長予測

BFSI向けIoTの市場は、2021年から2027年までCAGR46.75%で成長すると予測されています。

市場は2027年に約8億5,083万米ドル規模に到達する見込みです。

市場インサイト

IoTは、今世紀最先端の技術革新として台頭してきています。このIoTを通じて、テクノロジーバンクは顧客の自動車などの抵当権付き資産をより適切に管理できるようになり、顧客の健康状態を監視することもできるようになります。銀行分野では、借金だけでなく、クレジットカードの保有者に対しても、信頼性の高い、アクセスしやすいサービスを提供することができます。この銀行を通じてクレジットカードの不正使用だけでなく、他の問題を防ぐために適切な行動を取ることができるようになるデビット遷移を予測することができます。

さらに、銀行は顧客の金融業務の改善、銀行業務の体験の向上、銀行業務以外のサービスの拡大を実現することができます。IoTシステムを通じて、リクエスト処理、支払い遅延時のクレジットカードの自動無効化、資産所有権の移転などを行うことができます。IoTは詐欺に関連する多くのリスクを軽減することができ、ハッキングされたアカウントの検出やブロックにも役立っています。銀行は、顧客との取引を完全にデジタル化し、遠隔操作することで、日常的なプロセスも非日常的なプロセスも、混乱を最小限に抑えて実行できるようにし、銀行におけるIoT技術の需要を生み出しました。

オンライン・バンキング・アプリケーションの利用が増加していることは、BFSI市場向けIoTの市場成長の主要な推進要因の1つと考えられています。これは、仲介者を減らすのに役立ち、エンドユーザーに簡単にアクセスできるサービスを提供します。このアプリケーションは、サイバー攻撃から銀行口座を確保するのに役立ちます。

主要な企業は、エンドユーザーに新しいサービスを起動するために、コラボレーションで入力されています。デビットカードやクレジットカードの取引に関連する不正やリスクの分析や予測などの利点は、市場におけるクラウドサービスに基づくIoT技術の実装のための銀行や金融機関の需要を促進する。IoTデバイスと製品間の接続性の問題は、これらの企業の現在のシステムがグローバルな接続性標準を満たしていないため、すべての産業とその顧客にとっても阻害要因の1つとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]