データ消去ソリューションの市場、2021年~2027年まで高い成長率で拡大予測

データ消去ソリューションの市場は、2021年から2027年の予測期間において、高い成長率での拡大が予測されています。

市場インサイト

データ消去は、データクリア、ワイプ、データ破壊などとも呼ばれます。データ消去は、データの上書きに使用されるソフトウェアベースの手法であり、ハードディスク・ドライブやその他のデジタル・メディア上のデータを破壊することを目的としています。このプロセスは、データをすべてのデバイス セクタに上書きするために、0 と 1 の 2 進数で動作します。その後、データは復元不可能になり、ストレージ・デバイス上のデータを上書きすることでデータのサニタイズが実現されます。しかし、今日では、ローカルハードディスク、マルチディスクサーバー、テープバックアップ、モバイルデバイス、メモリーカード、クラウド上の仮想環境などを組織で管理する必要性が生じています。組織はデータの保管や移動、データライフサイクルの終了時に、データを安全に管理し、規制に準拠することに重点を置くようになっています。データ消去作業が完了しなかったり、適切に実行されなかったりすると、機密性の高いファイルがデバイスに残される可能性があります。そのため、あらゆる組織の作業環境において、データ消去ソリューションへのニーズが高まっています。

ハッキング行為やサイバー脅威の増加が、予測期間中のデータ消去ソリューション市場の成長を促進する主な要因となっています。サイバー攻撃やハッキングは、世界的に急増しています。そのため、エンドユーザーはデータ消去のソリューションや技術を求めています。このようなサイバー活動により、データを保存し、データの悪用を回避することができるデータ消去ソフトウェアの需要が高まっています。

多くの企業は古い資産やデバイスをまだ使用しており、そのようなデバイスに保存されているデータを保護することが求められています。その結果、古い資産やデバイスからのデータ損失を防止したいというニーズがかなり高まっており、データ消去ソリューション市場の今後の成長を牽引すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]