バイオアルコールの市場、2021年~2027年はCAGR6.5%で成長予測

バイオアルコールの市場は、2021年から2027年の予測期間において、CAGR6.5%で成長すると予測されています。2021年の1,553億米ドルから2027年には2,268億米ドルに成長します。

市場インサイト

バイオアルコールは、生物資源やバイオマスに由来するアルコールです。最も有名で広く生産されているバイオアルコールは、バイオエタノールであり、火花点火エンジンの主要な代替燃料となっています。バイオアルコールは、リグノセルロース系作物、農作物、食品廃棄物、残渣など、バイオマス資源から作ることができます。バイオアルコールは、製薬、建設、石油・ガス産業で需要が高まっています。バイオアルコールの生産は、適切な機械の開発や、産業廃棄物、農業廃棄物、産業廃棄物などの廃棄物からバイオアルコールを生産することにより、増加しつつあります。バイオアルコールには、バイオエタノールの他に、バイオブタノール、バイオメタノール、バイオプロパノール、バイオBDOなどがあります。バイオアルコールの用途は産業におけるバイオアルコールの使用に関する研究開発が進むにつれて拡大しています。多くの企業がバイオアルコールの生産に積極的で、需要が拡大しています。

バイオ燃料の需要は、従来の燃料の価格が急騰しているため、戦争や供給不足などのシナリオで高騰していることから、急速に伸びています。バイオアルコールは、再生可能で環境にやさしい次世代の代替燃料として、世界中で注目されています。バイオ燃料としては、バイオエタノールやバイオブタノールが世界的に有名です。また、従来の燃料の使用に対する環境への懸念から、バイオ燃料は二酸化炭素の排出量が少なく、環境的に持続可能であるため、代替燃料として利用されるようになりました。また、バイオ燃料は農業廃棄物、都市ごみ、産業廃棄物などから作られるため、廃棄物処理の問題を解決することが期待されています。

世界中の政府や当局が、バイオアルコール市場に対して有利な規制や政策を採用しています。これらの規制や政策は、バイオアルコールの生産を促進し、適切な産業への応用を促進することを目的としています。バイオアルコールの生産に必要な原料の生産には耕作地が多く必要なため、市場の成長は抑制される可能性があります。しかし、輸入石油に依存している発展途上国には成長の機会があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]