eスポーツ市場、2021年~2027年はCAGR23.66%で成長予測

eスポーツ市場は2021年から2027年の予測期間において、CAGR23.66%で成長すると予測されています。

市場インサイト

eスポーツ市場は、2021年から2027年の間にCAGR23.66%で成長すると予測されています。マルチプレイヤー環境でオンラインビデオゲームを使用して2人以上の競技者が競うオンラインスポーツの一種は、eスポーツとして知られています。電子マーク(Esport)は、ビデオゲームプレイヤーのために開催される競技大会であるにもかかわらず、従来のスポーツと同じです。

ビデオゲームによる対戦を見ることで、観客にプロスポーツ観戦のような体験を提供します。さらに、eスポーツでは、競技リーグやトーナメントで構成されているため、選手のスキルやプロ意識が最も重要な要素になります。スポンサーや広告、チケットやグッズ、メディアの権利などが、主要な収益源となっています。多くの企業がeスポーツ産業に投資しているため、スポンサーシップはeスポーツビジネスにおいて重要な役割を担っています。選手の賃金の上昇に伴い、輸出市場は拡大しています。したがって、eスポーツの将来を予測できる新しいスポンサーを業界に導入する必要性があります。

市場の主な推進要因としては、視聴者リーチとエンゲージメント活動の増加、投資、ゲームのライブストリーミングの上昇、リーグトーナメントのインフラ整備などが挙げられます。業界には、ゲーム開発者、ゲーマー、インフルエンサー、イベント主催者にとって、業界の専門化によって生み出された有利な機会があります。

ゲームトーナメントの人気の高まり、印象的な国際的な賞金プール、ストリーミング収入、1対1のスポンサーシップにより、何百万人もの人々がeスポーツをプロのキャリアとみなしています。 eスポーツに関する認知度の向上やビデオゲームの人気の高まりも、予測期間中の市場成長を促進する主要因となっています。一方、人気の高まりから、輸出産業では賭博行為が見られるようになりました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]