関節内補充療法市場、2021年~2027年までCAGR6.76%で成長予測

関節内補充療法の市場は、2021年から2027年までCAGR6.76%で成長すると予測されています。

市場は2027年に55億米ドル規模に到達する見込みです。

市場インサイト

関節内補充療法は、ヒアルロン酸という濃厚な液体を膝関節に注入する治療法です。変形性膝関節症には治療法がないため、関節内補充療法で変形性膝関節症が治癒することはありません。しかし、ヒアルロン酸は滑液の潤滑性を高め、変形性膝関節症の痛みを軽減し可動性を高め、より快適に活動できるようになると考えられています。関節内補充療法は通常、他の治療法を試してみて痛みが緩和されない場合にのみ行われます。1週間おきに3~5回の注射が必要です。注射に伴う副作用として最も多く報告されているのは、一時的な注射部位の痛み、腫れ、熱感、発赤、かゆみ、関節周囲の打撲、注射した膝への液体貯留です。

関節内補充療法の研究と技術革新への支出の増加はまた、予測期間中に市場の成長を促進することが予想される可能性があります。市場での存在感を高めるため、関節内補充療法市場で事業を展開する多くの新興企業や老舗企業は、戦略的提携や製品開発など、複数の事業戦略を採用しています。また、低開発国での製品の浸透不足も、市場の成長を妨げる要因になると予想されます。スポーツ傷害に対する関節内補充療法治療の使用の重要性の高まりは、予測期間を通じて市場に有利な機会を提供すると期待されています。viscosupplementation市場で動作する主要な市場プレーヤーは、製品開発、科学的進歩、市場での巨大なシェアを獲得するための組織の能力拡張などの戦略的なステップに非常に集中しています。

アジア太平洋地域は、医療費の増加により予測期間中に高い成長率を示すと予想されます。さらに、中国やインドでは製造コストが低いことから生産設備が増加し、製薬会社やバイオテクノロジー企業の大手企業がアジア太平洋地域に進出しています。また、関節リウマチの疾病頻度の増加も、予測期間中の同地域の市場成長を促進すると予想されます。さらに、北米では老齢人口の増加により関節注射剤の需要増に伴う変形性関節症患者の増加が見込まれるため、より高い成長率が期待されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]