使用済み食用油市場、2021年~2027年までCAGR6.73%で成長予測

使用済み食用油市場は、2021年から2027年までCAGR6.73%で成長すると予測されています。

市場は2027年に88億米ドル規模に到達する見込みです。

市場インサイト

使用済み食用油とは、調理や炒め物に使用された油脂のことです。通常、レストランやファーストフードなどの食品加工業界や一般家庭でみられます。コーン油、キャノーラ油、オリーブ油、パーム油などの植物性油脂と、動物性油脂の両方があります。多くの家庭では揚げ物をするため、使用済み食用油(UCO)の処理は避けられません。それゆえ、適切な方法でそれらを処分する方法を理解する必要があります。

使用済み食用油は、バイオディーゼル製造のための重要な原料で、植物油(大豆、菜種、トウモロコシ、グレープシード、ヒマワリ、パーム)と動物性油脂から生産される再生可能燃料です。各種バイオ燃料が注目され、クリーンなエネルギーへの志向が高まっていますが、UCO産業が立ち直るのは難しいと予想されています。パンデミック後にUCOの需要が再び高まったのは、外食産業の再興と食用油製造業の復活に他なりません。

大型レストランは揚げ物用に大量の植物油を消費するため、予測期間中は最適な調達手段の1つであり続けると予測されます。このような商業施設と精製業者をつなぐ動きは、この分野の成長を促進する重要な要因の1つであり続ける見込みです。UCOの適切な使用方法に関する認知度の低さが、短期的な成長の妨げになる可能性があります。動物の健康増進への関心の高まり、クリーンエネルギー用途への意識の高まり、新興国からの需要の高まりは、この市場における有利な機会となることが期待されます。

欧州は環境への関心の高まりや規制の支持により、使用済み食用油市場の成長に寄与している主要地域です。さらに、バイオディーゼルの需要増加や動物の健康に対する意識の高まりが、地域の市場成長を加速させています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]