組織診断市場、2021年~2027年までCAGR7.14%で成長予測

組織診断の市場は、2021年から2027年までCAGR7.14%で成長すると予測されています。市場は2027年に48億米ドル規模に到達する見込みです。

市場インサイト

組織診断とは、患者の治療のために医療処置中に得られたすべての組織で、適用される法律に従って、文書化のために研究所または病理学部門に送られなければならないものを指します。組織診断とは、採取された特定の組織を文書化するプロセスです。特定の組織の測定や説明、異常がある場合の観察など、診断のプロセスと定義することもできます。このプロセスは、患者の健康状態や病気の状態を知る上でも有用です。組織診断の主な種類には、免疫組織化学(IHC)、ヘマトキシリン・エオジン(H&E)、in-situ hybridizationがあり、免疫組織化学(IHC)は最も一般的な組織診断方法として知られています。組織診断法は、がん診断のための最も重要な技術の一つであります。

組織診断に使用される機器の絶え間ない開発と、健康意識の高まりは世界の成長を推進すると予想される主要な要因です。がんの発生率の上昇、がん診断のためのインフラの整備、がん検診の推奨、保険償還の可能性、医療費の増加などにより、市場はより速い速度で成長すると予想されます。臨床試験市場は、がん患者数の増加により拡大しており、抗がん剤に関する臨床試験数の増加が、組織診断市場の成長に有利な機会を提供しています。また、発展途上国での組織診断に対する認知度の低さが、予測期間中の市場の成長曲線を阻害する可能性があります。

地域別では、北米が組織診断の世界市場において最大のシェアを占めています。その要因としては、がんの発生率の高さ、個別化医療の進展、技術的に高度な組織診断の採用の増加、高齢化、バイオテクノロジー企業と製薬企業の間で行われる共同活動の多さなどが挙げられます。しかし、アジア太平洋地域は、予測期間中、世界の組織診断市場において最も高い成長率を示すと予想されています。これは、検査の改善に対するニーズが絶えず高まっていること、患者ケアのための施設改善に対する需要が高まっていること、インド、日本、中国などの国々で規制が好意的であることが理由です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]