バイオマテリアル市場、2021年~2027年は大幅なCAGRで成長すると予測

バイオマテリアルの市場は、2021年から2027年の予測期間において、大幅なCAGRで成長すると予測されています。

市場インサイト

バイオマテリアルとは、治療(身体の組織機能の治療、増強、修復、置換)または診断のいずれかの医療目的のために、生体システムと相互作用するように設計されたあらゆる物質です。これらの材料は、歯科、神経障害、心臓血管、循環器などの医療目的および治療のために生体系と相互作用するために使用されます。バイオマテリアルの研究はバイオマテリアル科学として知られており、形成外科、組織工学、薬物送達デバイスなど先端医療技術に応用することができます。バイオマテリアルの用途は、バイオミネラリゼーション、生体分子、生体工学の研究において重要視されています。

バイオマテリアル市場の成長を促進する主な要因は、高齢者の間で股関節や膝関節置換術の数が増加し、整形外科や神経障害の増加、技術の進歩、世界中の形成外科や創傷治癒アプリケーションでバイオマテリアルの需要拡大などです。さらに、世界的な新製品発売のための政府機関による資金援助や手当、創傷治癒用途や形成外科で予想される急激な成長、バイオマテリアル製品の利点に関する意識の高まり、医療技術の発展なども、この市場の成長を後押ししています。一方、適合性の問題による炎症反応の発生、バイオマテリアルの生産コストの高さ、これらの製品の使用に伴う困難さなどの要因が、バイオマテリアル市場の成長を妨げています。材料研究への投資の増加は、市場にとってより良い機会を生み出すと予想されます。

地域別では、北米が世界市場で最大の市場シェアを占め、欧州とアジア太平洋地域がそれに続いています。北米地域の成長は、バイオマテリアルに基づく研究の増加によるもので、市場への政府による投資の増加、高い医療費、高齢者人口の増加がこの地域の成長を促進する要因の一部となっています。さらに、ヨーロッパ地域は、研究開発に対する政府の支援と研究資金の確保が原動力となっています。また、アジア太平洋地域の成長の要因は、医療費の増加、ライフスタイルの改善、インドや中国などの新興国におけるがん研究でのバイオマテリアルの導入によるもので、アジア太平洋地域のバイオマテリアル市場の成長を後押しするものと考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]