プラスチックリサイクルの市場、2021年~2027年は大幅なCAGRで成長予測

プラスチックリサイクルの市場は2021年から2027年の予測期間において、大幅なCAGRで成長すると予測されています。

他の形態で再利用される異なるクラスのプラスチック材料を回収するプロセスは、プラスチックリサイクルと呼ばれています。再生プラスチックは、有用な製品に加工されるスクラップまたは廃棄プラスチック材料です。世界中で使用されているポリマー材料のほとんどは生分解性がないため、これらの材料をリサイクルすることは、環境内に存在するポリマーの負担を減らすための解決策となります。使い捨てポリマーの使用に対する規制が強化されているため、ヨーロッパ、中国、インド、ブラジルの政府による取り組みが、リサイクルの市場を拡大する予想です。市場の成長は、環境の持続可能性に向けた継続的な取り組みによって、産業界がプラスチックリサイクルに特化するよう促されています。プラスチックリサイクルの専門化が進んでいる背景には、製品パッケージ、電子部品、自動車の内装など産業用途でプラスチックが使用されるようになっていることが挙げられます。

世界的な意識の高まりとプラスチックリサイクル業界における技術の向上、そしてプラスチック廃棄を制限するための政府の積極的な取り組みにより、予測期間中にプラスチックリサイクル業界の成長が促進されると期待されています。再生プラスチック、特にPETとHDPEの需要は様々なエンドユーザー産業で増加しているため、再生プラスチックを様々な貿易品に利用する産業界の増加が、市場の成長を促進すると予想されます。しかし、多くのエンドユーザーや消費者は、より良い品質と安価な価格のために、リサイクルプラスチックよりもバージンプラスチックを好む傾向にあります。リサイクル工程は難しく、製造コストがかかるため、リサイクルされたプラスチックの価値に影響を与える重要な手順を伴います。この要因は、産業の成長の最も重要な抑制要因として考慮されています。

地域別では、プラスチックリサイクル市場は北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、アフリカ、また地理的地域に区分されます。北米は予測期間中、最大の市場シェアを占めています。この地域の企業は、自社製品にリサイクル材料を利用することに特化しており、プラスチックによる汚染から解放された地域を支援するために期待することができます。さらに、アジア太平洋地域は予測期間中に最も急速に成長している地域です。インドや中国などの発展途上国における繊維産業の利用拡大が、予測期間中の市場拡大を後押しするものと思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]