缶入りワイン市場、2021年~2027年はCAGR10.43%で成長予測

缶入りワイン市場は2021年から2027年の予測期間においてCAGR10.43%で成長すると予測されています。

市場インサイト

缶入りワイン市場は、2021年に8,840万米ドルと評価され、2027年には1億6,030万米ドルに達すると予測されています。ワインは一般的にボトルに入っているアルコール飲料で、食卓で使用されます。ワインは最も消費されている酒類です。消費者は、ほとんどすべてのパーティーやごく小さな会合でワインを楽しんでいます。しかし、ピクニックなどでグラスと一緒にワインのボトルを持ち運ぶのは大変です。そこで、制約を克服するために缶入りワインが登場しました。ポータブルで頑丈な為、消費者から支持されています。缶入りワインは、缶に詰められた少量のワインにすぎませんが、多くのフレーバーがありボトル入りのワインと同じような感覚で飲むことができます。缶詰のワインは、グラスやボトルオープナーを必要としないため便利です。利便性を高めるために、グラスよりも携帯性に優れ、壊れにくいワイン容器の需要が高まっていることが、市場の成長を後押しする重要な要因となっています。

またキャンプ、トローリング、登山のような屋外のレクリエーション活動への参加の増加は、商品の需要を推進しています。ガラスよりも容器の扱いやすさや持ち運びやすさから、缶入りワインへの嗜好が高まっており、容器の需要拡大が後押ししています。

さらに、缶入りワインは、ビーチやキャンプなどのアウトドアで冷たいまま飲めるという利便性から、世界中の消費者の間で人気が高まっています。しかし、政府の厳しい規制や規則、また税金の適用が予測期間中のワイン市場の拡大を妨げると予想されます。

地域別では、缶入りワイン市場は、北米、欧州、アジア太平洋、アフリカ、中東に区分されます。北米が最大の市場シェアを占めていますが、これは同地域の気候条件の変化とワインの利用率の上昇に起因しています。大手企業によるこの分野への研究開発投資の増加は、同地域の市場成長を促進させるでしょう。また、旅行時の携帯のしやすさから、ヨーロッパ諸国での缶入りワインの利用が増加していることも、地域の成長を後押しするものと思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]