銀ナノ粒子の市場、2021年~2027年はCAGR15.92%で成長予測

市場インサイト

銀ナノ粒子の市場は、2021年に17億1870万米ドルで、2027年には41億7050万米ドルに達すると予測され、予測期間中のCAGRは15.92%とされています。

銀ナノ粒子は、高い導電性、光学特性、抗菌性などから、一般的に使用されるナノ材料の1つです。銀ナノ粒子の生物活性は、粒子組成、サイズ分布、表面化学、サイズ、形状、コーティング/キャッピング、粒子形態、溶解速度、凝集、イオン放出効率、溶液中の粒子反応性などの要因に依存します。

銀ナノ粒子は、サイズ100nmの能力を持つ金属粒子です。この粒子は、工学、生物医学、製造業などの産業で採用されています。このような製品は、抗ウイルス、抗酵母、抗真菌、抗菌特性のために食用または非生分解性ポリマーのいずれかと一緒に活性食品包装に採用されています。

産業における銀ナノ粒子市場の利用率の上昇と技術の進歩は、予測期間中の市場の成長を推進します。微生物の特性を生かしたバイオメディカル分野での需要の増加は、市場の成長を促進します。製薬セクターの銀ナノ粒子は、画像強化装置、インプラント技術、バイオセンサー、バイオマーカー、組織工学に使用されています。これは、予測期間中に市場における銀ナノ粒子の需要を押し上げるでしょう。

しかし、抗菌剤としての銀ナノテクノロジーの使用の増加は健康に悪影響を及ぼし、予測期間中の市場成長の妨げとなります。ピッツバーグ大学の研究によると、産業におけるこの技術の誤用や不適切な扱いは、人間や動物に抗菌効果をもたらすとのことです。このように、銀ナノテクノロジーは、悪影響を及ぼすため使用は制限されており、予測期間中の市場の成長を抑制しています。

このような市場規模は、世界でも最大級のものです。北米は、先進的な製品開発と革新的な電子機器への嗜好が高まっていることから、最大の市場シェアを占めています。大手企業による研究開発への投資が増加することで、製品の耐久性が向上し、コストが削減されるため、同地域の市場成長が促進されるでしょう。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]