3D/4D技術の市場、2021年~2027年はCAGR14.5%で成長予測

3D/4D技術の市場は、2021年から2027年の予測期間において、CAGR14.5%で成長すると予測されています。

市場インサイト

2021年の約2,652億米ドルから2027年には約5,988億米ドルに成長する見込みです。4D技術は、4つの共通する次元で機能する技術です。3次元空間(3D)を指しながら、他の3次元に時間の次元を加える物理学の重要な概念の1つです。3Dは、業界で活用できる3次元技術であり、ヘルスケアや医療分野では、サービス向上のために主に利用されています。3D技術は、エンターテインメントなどの他の産業でも、消費者により良い体験を与えるため、この技術を試すことが可能です。

物理学の定義では、4次元の連続体における物理、空間、時間の統一的な存在として考えることができます。4Dは3Dよりも高度な技術として知られています。4D技術には、すでに存在する3D技術にさらなる次元を加えたものを使用することが含まれます。4Dの効果は、誇大広告と錯覚を提供することができます。

3D/4D技術市場の成長を推進するために、ゲームやエンターテインメント部門の上昇時代。3D映画の出現により、エンターテインメント産業の展望が変わり、今後数年間の需要増による大幅な成長が期待されます。さらに、3D/4D技術に対する需要は、医療、教育、製造業などの産業で高まっています。3D/4Dイメージングシステムは、ほこり、不純物、およびその他の微粒子、不純物により影響を受け、最終的な出力に影響を与えます。技術のその高コストと限られたオプションは、市場の成長を妨げる可能性があります。3D印刷は、市場の重要な成長機会要因の一つとなっている産業用アプリケーションのためにますます使用されているように、市場の重要なコンポーネントです。

地域別では、北米が3D/4D技術市場で最大のシェアを占めています。産業分野で3D技術に対する需要が急速に高まっており、さらに新技術の早期採用が今後の市場成長を支配することになるでしょう。3D技術は、この地域でより一般的になっており、市場成長の機会を生み出しています。しかし、アジア太平洋地域は、予測期間中、世界の市場の中で最も高い成長率を示すと予想されています。インド、中国、日本などの新興国は、製造業や医療分野で3D技術の需要が高まっているため、大きな潜在力を秘めています。都市化の進展やライフスタイルの変化により、同地域の市場成長も期待されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]