バーチャルフィットネス市場、2021年~2027年のCAGRは45%で成長予測

バーチャルフィットネス市場は、2021年から2027年の予測期間において、年平均成長率45%で成長すると予測されており、2021年に約64億米ドル規模、2027年には590億米ドル以上に達すると予測されます。

市場インサイト

バーチャルフィットネスとは、インターネット施設を通じてグループまたは単独で遠隔地から身体トレーニングセッションを提供する成長トレンドです。運動とテクノロジーの融合で自分のスケジュールやニーズに合わせて、簡単かつ便利に利用できるように設計されています。

バーチャルフィットネスはジムで大きなスクリーンに映し出され、クラブやジムでは予定されているものもあれば、いつでも好きなときにワークアウトを行うことができる施設もあります。

バーチャルクラスは、ライブのグループ・フィットネス・クラスへの入り口となることが多いです。バーチャル・ワークアウトは一般的に少人数で行われ、自分のペースで行うことができるため、初心者が動きを覚えるには理想的です。事前に決められたスケジュールや時間帯で実施されるセッションはほとんどありません。

COVID-19の流行は、全世界のバーチャルフィットネス市場の成長にプラスの影響を与えました。COVID-19が大流行した際、人々が家から出ることを制限された政府によってロックダウンが課されていたため、フィットネスフリークや健康志向の人々は、主に革新的なビデオエクササイズプラットフォームに向かってシフトしていきました。さらに、ジムやフィットネスクラブはウイルスを広めるために、ライブストリーミングのワークアウトクラスを提供する企業を奨励し、シャットダウンされていました。FitterやHealthifyMeなど多くのスタートアップが、この時期に実施された企業向けウェルネスプログラムなど、メンタルヘルスに関連するサービスで、多くの顧客ベースを獲得したと発表しています。バーチャルフィットネスは、社会的距離を保ちながら定期的に運動するための代替手段として登場しました。

世界中の多くの人々が、ワークアウトや健康的な食事、より良いヘルスケアによってライフスタイルを向上させ ています。バーチャルフィットネスプログラムは、オンラインプログレッシブフィットネスプログラムでこの目的を達成することを目的としています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]