スマートバスルーム市場、2021年~2027年はCAGR10.95%で成長予測

スマートバスルーム市場は、2021年から2027年の予測期間において、CAGR10.95%で成長すると予測されています。

市場インサイト

スマートバスルーム市場は2021年に36億4,000万米ドルで、2027年には67億8,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中のCAGRは10.95%であることが明らかになりました。スマートホームグッズはバスルームやウェルネス産業で人気を集めています。一般消費者にとっては、洗浄剤と水を組み合わせたシャワーヘッドなど抽象的な技術もありますが、こうした初期段階の進歩は今後数年間で市場が何を期待できるかを示唆するものです。

洗浄から健康まで、今日のバスルームは単なる手洗いの場ではありません。スマートなアイデア、サステナブルなコンセプト、特にプライベートなスパのような雰囲気は、現在のバスルームのトレンドの一つです。スマートバスルームは、実用的な日常生活の補助だけでなくリラックスできる雰囲気やパーソナルエンターテイメントでも感動を与えます。スマートバスルームは、水やエネルギー資源の節約に役立つサステナビリティのトレンドによって浸透しています。

スマートホーム技術の認知度は、一般消費者の自動化への露出の増加、電子商取引プラットフォームへのアクセスの増加、スマートホーム技術プロバイダーによる広告キャンペーンのために成長しています。スマートホーム技術にはスマートバスルーム技術も含まれています。消費者は個人の衛生意識の高まりから、スマートバスルーム技術の導入に注力しています。多くの大手企業は、スマートホームテクノロジーの統合として、スマートバスルームを提供しています。銀行によると、世界の建設産業は22兆米ドルと評価されています。商業用、工業用を問わず、世界中で新規建設プロジェクトが増加しています。これらの新規建設プロジェクトは、増加する人口と産業の需要を満たすために実施されています。

AGC協会によると、米国だけでも毎年1兆4,000億米ドル相当の構造物が建設されています。この2つの要因が、市場の成長を大きく促進しています。しかし、長期的に見ると、設置やメンテナンスにかかるコストが高いため、市場の成長は抑制される可能性があります。しかしながら、市場参加者によって革新的な製品が開発されているため、新たな成長機会も予見されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]