がんペプチドワクチンの市場、2021年~2027年は健全なCAGRで成長予測

がんペプチドワクチンの市場は、2021年から2027年の予測期間において健全なCAGRで成長すると予測されます。

市場インサイト

がんペプチドワクチンは、腫瘍を制御または根絶することができる腫瘍特異的T細胞を誘発・拡大することを支援するものです。このワクチンは、1つ以上の短いまたは長いアミノアルカン酸配列を腫瘍抗原とし、ワクチンアジュバントと組み合わせたものです。ペプチドワクチンの研究者は、これを時代遅れの治療法と考え、がん治療には使えないと断言してきました。しかしワクチンの応用の種類、単球の動態などの理解が進み、この方法を悪性疾患の治療に再アレンジすることにつながりました。

ペプチドがんワクチンは成分、簡単な組み立てサイクル、およびアイテムの使いやすい性質のために広く利用されています。この種のがんワクチンは、最終段階の腫瘍の治療や特定の臨床観察下で使用されます。体内に存在する腫瘍に対してT細胞を安全に反応させるか、腫瘍に対する事前の不感症を改善することで作用します。

市場の成長の原動力は、がんの予防や治療のためのワクチンに対する高い需要です。多くの医療実験が、NCIが支援する様々な種類のがんワクチンのがん予防や治療によって進行中です。癌患者のプールの開発、技術の進歩、癌の分野で新薬の革新、支持政府の規則と規制、高齢者人口の増加、がんペプチドワクチンの長期的な結果と説明は、市場の成長の主要な要因です。農村部におけるがんワクチンの供給不足、個別の保管・出荷施設の必要性などの要因は、市場の全体的な成長を抑制するいくつかの可能な要因です

地域別では、北米が市場の最大のシェアを占めています。患者数の増加、研究開発活動への投資の増加、したがって技術的に高度な研究センターの設立は、この地域内の市場の成長に貢献するでしょう。地域には、ファイザー、ノバルティス、メルク、グラクソ・スミスクライン、ロシュなど、大手製薬会社やバイオテクノロジー企業が存在するためです。がん患者の増加も市場の成長を後押しすると予想されます。製薬会社や生物学的組織が、臨床実験のための患者へのアクセスを改善し、効率的な運用方法を提供するために、アジア太平洋地域での開発と研究開発活動の管理に注力しています。研究開発への政府投資の増加は、アジア太平洋地域における市場の成長を後押しすると思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]