油糧種子市場、2021年~2027年にCAGR4.67%で成長予測

油糧種子市場は2021年から2027年の予測期間においてCAGR4.67%で成長すると予測されています。

市場インサイト

油糧種子市場は、2021年に2,540億米ドルと評価、2027年には3,340億米ドルに達すると予測され、予測期間中のCAGRは4.67%であるとされています。油糧種子とは、ヒマワリ、大豆、カノーラ、綿などの油糧作物を栽培するために利用される種子のことです。これらの油糧作物の種子、果実、ナッツは、食品として直接消費されるか、または食品、バイオ燃料、油脂化学、その他の産業向けに油を抽出するために粉砕されます。油糧種子抽出物の需要が継続的に増加しているため、農家は高品質の油糧種子を持つ油糧作物の生産に投資しています。油糧種子とは食用油を抽出するために栽培される種子のことで、人間が利用することができます。

油糧作物は、健康効果を持つオメガ3カルボン酸DHAとEPAの最初の供給源です。油糧種子では、Erucic 酸は、ナタネとマスタードを持っている現在の汚染物質である可能性があります。ヒマワリ(向日葵)、大豆、菜種などが主要な油糧種子作物とされています。油糧種子はさらに豆類として、重要な食物マクロ-マイクロ栄養素が存在するため、慢性疾患を削減するための重要な食事構成要素です。

人口の間で大豆油の消費の増加は、市場の拡大を推進している油糧種子に対する需要の中で進化してきました。植物油は、世界で広く生産され、広く消費されている油を考慮に入れています。米国農務省によると、大豆の生産量は2,300万トンから2021年には3億8,600万トンに拡大すると予測されており、これにより人々の間で植物油の需要が高まっています。

食品産業における油の需要の増加が、油糧種子市場の拡大を牽引しています。食品分野では、日常生活での油の消費により、油の需要が伸びています。また、食用油を調理に使用する人口が非常に多く、食用油を使って調理される食品も広がっています。このような要因から、メーカーは食品産業における拡大を強化する様々な食用油を提供するよう奨励されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]