液体包装の市場、2021年~2027年はCAGR4.5%で成長予測

液体包装の市場は2021年から2027年の予測期間においてCAGR4.5%で成長すると予測されています。

市場インサイト

同市場が生み出す収益は、2021年には約3,690億米ドルであり、2027年には約4,800億米ドルに達すると予測されています。液体包装は、液体や半液体の包装、輸送、保管に使用される材料や包装形態で構成されています。液体包装は、適切な輸送と長期保存を可能にするために、適切な選択が不可欠です。液体包装には、ボトルやコンテナなどの硬い包装形態と、フィルム、スタンドアップパウチ、スクイーザブルチューブ、カートン、バッグオンボックスなどの軟らかい包装形態があります。

液体包装は、単一の基材で構成される場合と、液体カートンのように多層のラミネートである場合があります。食品だけでなく、化学製品などの非食品も包装するのに使われています。液体包装は寿命が長く、リサイクル性が高く、環境にやさしく、輸送に便利です。液体包装は、製品の鮮度を保つのに役立ち、製品を湿気から保護する上で大きな役割を果たします。

ガラスやブリキなどの他の材料と比較して、低コストのため、飲料包装用プラスチックのアプリケーションの需要が増加しています。 さらに、多くの人口が都市部に向かって移動しているため、保存期間を延ばすとともに、長距離の液体製品の輸送をサポートすることで成長を後押しすると予想されます。再生可能で革新的なパッケージングソリューションへのシフトは、今後数年間で市場に成長機会を提供することが期待されます。プラスチック包装製品の廃棄に関する懸念の高まりと、プラスチック包装製品に関する政府の厳しい規制が、市場の成長を抑制すると予想されます。

地域別では、アジア太平洋地域が液体包装の市場において最大のシェアを占めています。食品・飲料産業の拡大・成長、メーカーに対する政府の有利な政策、人件費や運営費の安さから主要企業が生産拠点をシフトしていることが要因です。 アジア太平洋地域では、大きな成長が見られました。住民のライフスタイルの変化が、アジア太平洋地域を液体包装材料の最も急成長している市場の一つにしています。しかし、北米地域は予測期間中、液体包装市場の中で最も高い成長率を示すと予想されています。FMCG商品の需要の増加や、持続可能で軽量なパッケージングへの需要の高まりが、北米の液体包装市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]