小売業向け損失防止の市場、2021年~2027年は健全なCAGRで成長予測

小売業向け損失防止市場は、2021年から2027年の予測期間において健全なCAGRで成長すると予測されます。

市場インサイト

企業が不正や盗難を減らすために行う取り組みをロス・プリベンションと呼びます。”シュリンク “とは、ヒューマンエラーや意図的な試みによって引き起こされるこれらの回避可能な損失を指します。小売業は、テクノロジーの進化、顧客の習慣の変化、シームレスなショッピング体験の必要性から、おそらく他のどのビジネスよりも大きな変化を遂げてきました。シュリンク・マネジメントは、常にオンラインに接続されている今日の社会で、小売業者にとって重要な関心事です。リテール・ロスとは、意図的または非意図的な商品ロスのことで、万引きから人的窃盗、返品詐欺、管理ミスなどが含まれます。多くの企業が、小売業向け損失防止ソリューション、在庫管理、セキュリティ、監視ソリューションなどのハードウェアやサービスを提供しています。

オンライン・プラットフォームやeコマースプラットフォームにおける小売業者のビジネスは急速に成長しています。オンラインチャネルやeコマースプラットフォームを利用することで、業務を効率化し、消費者の幅広い層にリーチすることができます。しかし、オンラインチャネルやeコマースプラットフォームを通じた小売業者のビジネスが拡大するにつれ、サプライチェーンやロジスティクスの課題が生じ、その結果、膨大な小売ロスが発生しています。そのため、小売業向け損失防止ソリューション・ソフトウェアの需要は大幅に伸びています。したがって、この要因が市場の成長を大きく後押ししています。産業や企業はビジネスプロセスの効率化を究極の目的として、プロジェクトの合理化のためにデジタル化に向けて舵を切っています。

企業はクラウドベースの小売業向け損失防止は、2021年から2027年の予測期間において健全なCAGRで成ソリューションなど、導入が容易で拡張性の高いクラウドベースのソリューションを採用するようになっています。このような要因も、市場の成長を大きく後押ししています。データセキュリティの脅威の増大は、市場の成長を阻害する可能性があります。しかし、ロス・セキュリティ技術やソリューションの小売用途が拡大していることから、新たな成長機会も予見されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]