産業用電池の市場、2021年~2027年にCAGR6.6%で成長予測

産業用電池の市場は、2021年から2027年の予測期間において、CAGR6.6%で成長すると予測されています。2021年の約190億米ドルから、2027年には約290億米ドルに成長する見込みです。

市場インサイト

産業用バッテリーは、民生用バッテリーと比較してはるかに長い期間使用できるように設計されており、より厳しい環境で使用されています。民生用電池では耐えられないような条件にも耐えられるような設計です。産業用電池は、平均的なアルカリAAA、AA、C、D、9ボルト、またはボタン電池で作られています。鋼と亜鉛/マンガン/カリウム/グラファイトの混合物で、残りは紙やプラスチックで構成されています。これらの電池の材料はすべて無害であるため、再度リサイクルすることが可能です。普通の電池に比べて、産業用電池の性能ははるかに優れているか、より強力に設計されますが、性能の一部を犠牲にすることになります。電池は激しい使用やより多くの振動、起こりうる極端な温度変化に耐えられるように設計されています。

COVID-19の発生は、バッテリー駆動の電気自動車、グリッドストレージ、個人用電子機器も含むエネルギー材料と再生可能な発電・変換市場に大きな影響を与えました。多くの国で世界各地への物資の出入りが制限されたため、多くの産業用電動工具の顧客層が大幅に減少しました。また、各国の政府による封鎖により、貿易や商取引に支障が生じ、産業用電池の市場は一時期、やや縮小しました。産業用電池のサプライチェーンが中国に集中していることから、人々の外出が制限され生産・販売活動に支障をきたしました。

急速に成長する電気通信部門と高蓄電容量のバックアップ電池の需要の増加は、今後数年間で市場の成長を促進します。産業用電池は、自動機械、ロボット、軽車両などのいくつかのアプリケーションのための電力の主要なソースであり、成長を後押ししています。リチウムイオンまたはリチウムイオン電池のコストは非常に高く、市場の成長を阻害しています。

一部の国では有害化学物質の使用に関する厳しい規制を課しており、市場の成長を抑制しています。エンドユーザーやメーカーが産業用電池に使用している高度な技術は、世界市場の成長を高める機会を作り出しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]