Internet of behaviour市場、2021年~2027年は健全なCAGRで成長予測

Internet of behaviour市場は、2021-2027年の予測期間において健全なCAGRで成長すると予測されます。

市場インサイト

Internet of Behaviour(IoB)は、人々の行動に影響を与えるパターンを生成できるという点で、モノのインターネット(IoT)に追加されるものです。そのため、データ分析、テクノロジー、行動心理学という3つの分野が組み合わされています。IoBは、カスタマージャーニーを完全に追跡することを可能にし、購買決定や強化のための追加のタッチポイントを提供します。IoBはサービスの効率と質を向上させることで、さらなるパーソナライゼーションを可能にすると期待されています。

IoBの支援により、収集されるデータの質を向上させ異なるソースからのデータを組み合わせ、そのデータからインサイトを導き出すことが容易にできるようになりました。IoBは、アルゴリズムや機械学習における新たな技術開発やイノベーションを活用し、消費者の行動を解釈・追跡できるように、あらゆる種類の人間の行動を分析、理解、把握し、対応する手助けをします。

エンドユーザー産業は、より良いサービスを提供し、最適な消費者行動を提供するために、インターネット行動を採用しています。IoBのアプリケーションは、業界を問わず見受けられます。IoBは、広告代理店によるデジタルマーケティング、コンテンツ配信、ブランドプロモーションなどに利用されています。Eコマース企業では、消費者の過去の消費パターンを分析、理解し、商品を提供するためにIoBが利用されています。

さらに、健康や患者のモニタリングにおけるIoBの応用が拡大していることから、ヘルスケア産業での利用が促進されています。したがって、この要因が市場を大きく牽引しています。スマート家電、トラッキングデバイス、センサーなどのIoTデバイスの増加が、IoB技術の適用範囲を拡大しています。したがって、この要因も市場の成長を大きく後押ししています。データのプライバシー、特に消費者に関連するデータに対する懸念により、市場の成長が抑制される可能性があります。IoBは主に収集されたデータに基づいて運営されています。とはいえ、AI、ML、ビッグデータ解析などの新技術が市場に登場しているため、新たな成長機会が予見されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]