体外受精検査の市場、2021年~2027年は健全なCAGRで成長予測

体外受精検査市場は、2021年から2027年の予測期間において健全なCAGRで成長すると予測されます。

市場インサイト

体外受精は生殖補助医療技術の一般的な一形態です。生殖補助医療技術の一種で、薬剤の使用や複雑な医療処置を伴います。体外受精は長期の治療であり、医師や医療専門家の厳しい監視の下で行われます。したがって、患者は必須の体外受精の検査を受ける必要があり、また医師によって助言された場合、追加の検査があります。

体外受精の検査は、最初の協議の後の第二段階です。適切な検査は患者のケースを理解した後、医師によって推奨されます。体外受精の検査は、胚の異常、流産、患者の互換性、病気などの問題が体外受精治療の合併症を作成し、出産の可能性を減らす原因が事前に検出されていることを確認するために行われます。

体外受精を受けようとする人は世界中で増えています。また、体外受精を積極的に検討する人も少なくありません。このような方々が体外受精を受けようと決断する背景には、不妊症の増加、流産、出産時の合併症、遺伝性疾患など原因があります。Reproductive Biomedicine Online “に掲載された研究結果によると、毎年臨床医は250万人以上の体外受精を行い、その結果50万人以上が誕生しています。

体外受精を受ける前に、検査を受ける必要があります。体外受精治療の普及は、検査の普及につながります。また、体外受精の検査施設である不妊治療センターなどへのアクセスも向上していることも、市場の成長を支える要因となっています。体外受精の研究施設や生殖医療センターは、需要増に対応するため増加傾向にあります。検査にかかる費用が高いため、市場の成長が抑制される可能性があります。しかしながら、発展途上国において体外受精検査に関する認知度が高まっていることから、新たな成長機会が生まれると期待されています。

 欧州患者フォーラムによると、欧州では2,500万人以上の人々が不妊に苦しんでいます。このように不妊に悩む人が多いことから、体外受精を希望する人の数も多くなります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]