医療用画像におけるAIの市場、2021年~2027年は健全なCAGRで成長予測

医療用画像におけるAIの市場は、2021年から2027年の予測期間において健全なCAGRで成長すると予測されています。

市場インサイト

人工知能(AI)は、画像解析や音声認識などの知的システムを通じて人間の知能を拡張することを目的とした技術の一分野です。医用画像とは、臨床分析や医療介入のために体内を画像化する技術やプロセスのことであり、臓器や組織の機能を視覚的に表現することも含まれます。

AIは、画像データの複雑なパターンを自動的に認識し、X線画像の特徴を定性的ではなく定量的に評価することに優れています。医療用画像におけるAIの活用は、健康・医療イノベーションの最も有望な分野の一つです。AIは、画像の取得、処理、報告支援、フォローアップ計画、データ保存、データ処理など、医用画像処理における様々なアプリケーションを見つけることができます。近年、AIは画像異常の分類において顕著な精度と感度を示し、組織ベースの検出と特徴付けを確実に強化します。

パーソナライズされた治療、改善された手順、患者の治療の能力と達成の上昇は、市場の成長を加速させる重要な要因です。診断手順の増加、疾患の有病率の増加、有利な償還政策の増加、主要企業の独占増加、有利な政府規制は市場成長を推進します。

インドや中国などの発展途上国における医療インフラ整備の進展は、市場の拡大を促進します。癌や心血管系疾患などの慢性疾患の有病率の上昇は、市場における人工知能を強化する主な要因となっています。

ヘルスケア分野における技術的進歩や近代化の高まり、老年人口基盤が増加する新興市場の台頭は、予測期間において医療用画像におけるAIの新たな機会をさらに創出するものと思われます。しかし、人工知能の統合と実用化の不足が高まり、コストが上昇していることが、市場成長に影響を与える主な要因となっています。これらのシステムの採用が消極的であることが、予測期間中の市場成長を阻害する要因となっています。このことは成長をさらに抑制することになる見込みです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]