食品コーティング市場、2021年~2027年はCAGR5%で成長予測

食品コーティング市場は、2021年から2027年の予測期間においてCAGR5%で成長すると予測されています。

市場インサイト

食品コーティング市場は、2021年に50億米ドルの規模に到達、2021年から2027年の間にCAGR 5%で成長すると予測されています。

食品コーティングは栄養の処理とまた制御改善戦略のための成分のアプリケーションを見つけ、加工食品の味、食感、およびその他の感覚的側面に寄与し、食品の食感と風味に不可欠な役割を果たします。さらに、将来の製品加工の味と容易さを向上させ、製品に付加価値を与えます。

菓子、ベーカリー、揚げ物、調理済み食品などの応用産業が、食品コーティングを必要としています。食品コーティング産業は、抗菌コーティングの需要から、カリアスコーティングを導入しています。しかし、砂糖とシロップは、その広大な適用範囲のために、食材市場で大きなシェアを占め、ココアとチョコレートがそれに続いています。これらは、コーティング産業で使用されるコーティング材料です。また、栄養補助食品を便利な形態で提供するため、カプセル化技術は食品産業において適切な選択肢として注目されています。

市場の成長を促進する主な要因の1つは、世界中でカプセル化技術を取り入れる動きが出てきていることです。加工製品、揚げ物やベーカリー、菓子、調理済み製品の有機的な特性を改善するための栄養補助食品を提供するためのコーティング製品の使用により、市場の拡大がより加速しています。生産効率、加工時間、食品の品質への注目が高まっていること、加工食品、調理食品、簡便食品の需要が急増していることも、市場成長を後押しする要因となっています。

市場は、機能性食品に対する需要の増加、可処分所得の急増、消費者のライフスタイルの変化、健康と福祉に関する意識の高まりなどの要因からプラスの影響を受けています。

一方、原料価格の変動による生産コストや生鮮食品へのシフトが市場成長の妨げになることもあります。また、インフラや規制の問題も予測期間中の市場成長の妨げとなることが予想されます。しかしながら、環境に優しい技術への需要の高まりは食品コーティング市場に飛躍的な成長機会をもたらすと予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]