飼料用酵素の市場、2021年~2027年はCAGR9%で成長予測

飼料用酵素の市場は、2021年~2027年の予測期間においてCAGR9%で成長すると予測されています。

市場インサイト

飼料用酵素の市場は、2021年に14億4,600万米ドルの規模になりました。飼料用酵素の市場は、2021年から2027年の間にCAGR9%で成長すると予測されています。すべての動物が飼料消化プロセスの一部として作り出す天然タンパク質が酵素です。体内で酵素を形成する目的は、炭水化物、脂質、タンパク質、およびその他のミネラル複合体を消化することです。消化の自然なプロセスは、外因性酵素とも呼ばれる市販の酵素によって強化されます。

農家、配合飼料メーカー、インテグレーター、家畜、水産養殖業が飼料用酵素市場のエンドユーザーとなっています。さらに、飼料用酵素は、動物の飼料に添加することで、エネルギー利用や望ましくない成分の分解を改善することができます。飼料用酵素は、家畜の収益性を高めることで農家を支援し、環境汚染を減らすことで環境にも貢献します。

世界人口の増加により、健康的な肉製品への需要が高まり飼料用酵素市場の成長を後押ししています。さらに、家畜の病気の発生の懸念と飼料用酵素製品の需要が上昇し、市場の成長を後押しするため、環境への配慮が増加しています。市場を拡大する重要な要因の1つは、組織化された小売業が浸透していることです。一方、製品の効率性に関する政府による厳しい規制が強化され、規制当局の承認が結果的に遅れ、市場の成長を妨げています。輸入原料のコスト上昇や農産物の価格変動も、市場の発展を妨げる大きな要因となっています。さらに、飼料用酵素を大量に使用すると、需要が低下する可能性があるため、副作用があることが分かっています。それにもかかわらず、人々の可処分所得の上昇は人々によって飼料用酵素の需要の増加のために市場に大規模な機会を作成しています。

飼料用酵素市場は、北米、欧州、アジア太平洋地域、その他の地域に区分されます。すべての地域から、アジア太平洋地域はより高いシェア収益を占め、予測期間中に市場を支配すると予想されます。アジア太平洋地域の市場成長を推進している要因は、大規模な家畜人口とその成長率の存在、飼料生産の成長を反映している飼料工場の数の増加です。北米では、肉の消費量が多いため、予測期間中に大きな成長が見込まれています。北米では食肉加工産業が盛んであり、これが同地域の飼料用酵素市場の成長を後押しする可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]