動物用成長促進剤の市場、2021年~2027年までCAGR6%で成長予測

市場インサイト

動物用成長促進剤の市場は、2021年に160億米ドル規模に到達しました。市場は、2021年から2027年までCAGR6%で成長すると予測されています。

動物の飼料利用や成長を改善するために、サプリメントや注射として動物の飼料に添加される物質は、成長促進剤と呼ばれています。

これらは動物の成長のために使用される化学物質や薬剤としても使用します。成長促進剤の助けを借りて、動物は食物を効果的に消化し、より速く成長することができ、その結果生産性を向上させることができます。したがって、反芻動物の乳量を増加させるための優れたサポートを提供することができます。牛の生産者は、全体的な効率と品質を向上させるために成長促進剤を使用します。最も広く適用されている成長促進剤は、飼料添加物、同化インプラント(エストロゲンおよびアンドロゲンの両方)、牛ソマトトロピン、プロバイオティクス、およびその他です。

ホルモン促進剤のような成長促進剤の中には、動物の病気の予防や治療など、動物生産においてプラスの効果を示すものがあります。世界人口の増加により、動物由来の食品に対する需要が増加しています。したがって、健康で成長する動物に対するニーズは高く、より多くの動物用成長促進剤が必要とされています。

農家は家畜の収入を増やすことによって、成長促進剤と性能向上剤の恩恵を受けます。成長促進剤製品の需要は、今後数年間で高くなると予測されます。

人口増加による動物由来の食品需要の高まりは、予測期間中の市場の成長を後押しすると予想されます。世界中で肉の消費量が増加しているため、より多くの動物成長促進剤が必要とされ市場に大きな後押しを与えています。人々の可処分所得の増加は、動物成長促進剤市場の成長を推進するもう一つの主要な要因となっています。

成長促進剤と性能向上剤は、農家が家畜からの収入を増やすのに役立ち、市場の成長を促進すると予想されます。一方、さまざまな国が抗生物質の使用を禁止し、動物の成長促進のための抗生物質やホルモンの使用を制限する厳しい規制を設けており、これらの要因はいずれも予測期間中の市場の成長を抑制する可能性があります。しかし、成長促進剤製品の製造に使用される技術の進歩は、市場の主要な企業に優れた成長機会を提供しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]