フェイスマスク検出市場、2027年に57億100万米ドル規模へ到達見込み

フェイスマスク検出の市場は2021~2027年の予測期間においてCAGR15%で成長すると予測されています。2021年に22億300万米ドル、2027年には57億100万米ドルに達すると予測されています。

市場インサイト

フェイスマスク検出は、コンピュータサイエンス(AI)とコンピュータビジョンを搭載した画像解析技術で、Covid-19のコンプライアンス違反に対応するものです。AIプログラムは、マスクやソーシャルディスタンスの違反を検出します。この技術は、病院、オフィスビル、製造工場、官公庁、学校、教育機関、建設現場、空港などで活用される予定です。AIによるマスク検知とソーシャルディスタンス監視により、カメラでリアルタイムにアラートを発生させます。マスク検知はカメラの可視光線とAIアルゴリズムにより、マスクを着用していない人を認識し、知らせます。コロナウイルスとの闘いにおいて、ソーシャルディスタンスは病気の感染を遅らせるために非常に効果的な戦略であることが証明されています。

パンデミック時の高い公共安全性のために世界中でフェイスマスクの使用が義務付けられていることが、予測期間中にフェイスマスク検出市場を促進すると予想される主な要因となっています。公共安全基準の引き上げと、より安全な職場復帰ソリューションの必要性に重点を置いていることが、市場成長の主な要因となっています。

しかし、データプライバシーに関するユーザーの懸念の急増や公共の場でのフェイスマスク強制ルール終了が、市場の成長を制限しています。輸送部門におけるフェイスマスクの採用の増加や封じ込めゾーンでの展開が、フェイスマスク検出市場成長のための有利な成長機会を創出します。人工知能と機械学習の強化とともに、フェイスマスクをより正確に識別するための高度な技術が、予測期間中の市場成長を促進すると予想されます。

世界中でCovid-19の症例数が増加しており、人々の間で新しいオミクロンが現在広がっていることが、分析期間中に市場成長の機会を提供すると推定される主な要因です。プライバシーに関する懸念と、市民の間でのフェイスマスク検出の精度不足が、予測期間中の市場成長を抑制すると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]