エソメプラゾールの市場、2021年~2027年は健全なCAGRで成長予測

エソメプラゾールの市場は、2021年から2027年の予測期間において健全なCAGRで成長すると予測されています。

市場インサイト

エソメプラゾールは、マグネシウム塩の形態で投与されたオメプラゾールの異性体の化合物です。エソメプラゾールは、食道炎、胃食道逆流症、消化性潰瘍の治療に使用され、胃酸やゾリンジャー・エリソン症候群を軽減し、ネキシウムという名称で販売されています。経口投与または静脈内への直接注射により患者の体内に投与されます。

しかし、エソメプラゾールには頭痛、便秘、口渇、腹痛などの多くの副作用があり、重い副作用としては血管浮腫、肺炎、クロストリジウム感染症などがあります。妊娠中にも使用されるため、安全な妊娠生活や授乳のためにも非常に有用です。主に食道や症状の緩和など総合的に効果を発揮します。エソメプラゾールカプセルは、胃の酸性条件下で薬物が死滅するため、バリアポリマーでコーティングされ、マルチユニットペレットシステム(MUPS)とも呼ばれる錠剤が使用されます。エソメプラゾールカプセルを水溶液で処理すると、浸透圧によりカプセル内に水分が入り、殻が破れて内容物が体内に吸収されます。

エソメプラゾールは、胸やけや胃酸過多の症状に対する治療薬として使用されることが多くなり、需要が高まっています。これがエソメプラゾール市場の成長を促進する主な要因です。

これらの薬は低い治療費を持っており、任意の処方箋なしで販売されているため、市場で膨大な需要があります。入手のしやすさや全体的なコストダウンも、エソメプラゾール市場の成長を後押しする要因となっています。ドラッグデリバリーシステムの採用や新製品の上市も市場拡大の要因となっています。

一方、危険な疾患であるGERD(胃食道逆流症)の強度の増加は、市場の成長を後押しする重要な要因になります。しかし、吐き気、頭痛、口渇、下痢などのエソメプラゾール薬の軽度の副作用と、腎臓病や認知症などの重大な副作用は、予測期間中のエソメプラゾール市場の成長を妨げると予想されています。しかし、医療分野の発展や医療に対する意識の高まりは、エソメプラゾール市場に飛躍的な成長機会を与えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]