TDDおよびFDDスペクトル市場、2021年~2027年は健全なCAGRで成長予測

TDDおよびFDDスペクトル市場は2021年から2027年の予測期間において健全なCAGRで成長すると予測されています。

市場インサイト

HDDとFDDは、無線通信の様々なアプリケーションに使用される2つの異なる周波数技術です。HDDはTime Division Duplexing、FDDはFrequency Division Duplexingを意味します。FDDは受信と送信のために2つの別々の周波数を使用し、TDDは同じことを行うために1つの周波数だけを使用します。FDDは無線通信で伝統的に使われてきた周波数技術ですが、HDDの影響を受けつつあります。HDDは容量に優れており、FDDはカバレッジに最適です。HDDとFDDには、それぞれ長所と短所がありますが、ワイヤレス通信の状況が常に変化しているため互いに組み合わせて、より高いスペクトル効率を得ることができます。技術の絶え間ない進化により、技術の応用が広まっています。

5Gは、通信がワイヤレスで行われる方法に革命を起こすことを約束します。5Gは、インターネットのスピードとカバレッジを飛躍的に向上させるでしょう。ほぼ遅延することがなく、想像を絶するインターネットの速度を提供します。5Gの導入は、北米やヨーロッパで展開され、アジア太平洋地域やその他の地域で試験運用が行われており、世界中で本格的に進行しています。

5Gの採用が進むということは、FDDとHDDの周波数帯が伸びるということを意味します。現在配備されているHDDとFDDのスペクトラムは、5G無線通信技術に対応するためにアップグレードと再調整が必要です。この要因が市場を大きく動かしています。企業や消費者が、ビジネスアプリケーション、インターネット、電子メール、ソーシャルネットワークサイトなどにアクセスするために、タブレットPC、スマートフォン、接続型ノートパソコンなどの接続型デバイスに目を向けているため、接続型デバイスの数やデータトラフィックは急速に増加しています。チップ不足は、HDDやFDDスペクトラムの機能を実現する装置やデバイスの生産縮小や価格上昇の脅威となり、市場の成長を阻害すると予想されます。しかし、技術革新や進歩が見られることから、新たな成長機会も予見されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]