カスタマージャーニー分析市場、2021年~2027年はCAGR20%で成長予測

カスタマージャーニー分析市場は、2021年から2027年の予測期間において、CAGR20%で成長すると予測されます。

市場インサイト

同市場が生み出す収益は、2021年に約100億米ドルであり、2027年には約290億米ドルに達すると予測されています。カスタマージャーニー分析は、すべてのチャネルのデータを1つのインターフェースにまとめ、リアルタイムでオムニチャネル分析と可視化を行うもので、ユーザーはビジネスの全体像とあらゆるコンテキストを把握することで、より賢明な意思決定を行うことができるようになります。

カスタマーエクスペリエンスのパフォーマンスを監視し、改善の可能性を見出すためのツールとしてカスタマージャーニー分析の利点が認識されるにつれ、この手法は支持を集めています。

多くの企業にとって、カスタマーエクスペリエンスをどのように測定するかを決定することは、依然として課題となっています。特に、銀行、通信、医療保険などの企業では、数百万人の顧客から得た膨大なデータに振り回されているため、データや組織のサイロ化が主な障害となっています。現在、こうした課題を解決するために、カスタマージャーニー分析に頼る企業が増えています。

エンドユーザー企業にとって、顧客獲得、顧客満足、そして最も重要な最適な顧客サービスは、顧客中心主義の戦略を立てる上で非常に重要です。この種の戦略は非常に複雑であり、顧客中心戦略の策定には、消費パターン、顧客の嗜好、消費者行動などの主要な測定基準を正確に把握する必要があります。これらの主要な指標は、顧客の全行程の中で生成されるデータを分析することで、より適切に決定することができます。エンドユーザーの業界では、カスタマージャーニーデータを分析し活用することで、重要なインサイトを導き出すことに注力しています。したがって、この要因がカスタマージャーニー分析サービスおよびソリューションの採用を促しています。接続されたデバイスやアプリケーションによって、膨大な量のリアルタイムの顧客データが生成されます。この膨大なリアルタイムの消費者データは、非構造化で複雑であり、さまざまなチャネルに分散しています。そのため、消費者の行動データを単一のインターフェースに簡単に統合し、実用的で意味のあるインサイトを提供できるカスタマージャーニー分析ツールのニーズが高まっています。データセキュリティの脅威の高まりやプライバシー保護への懸念は、市場の成長を阻害する可能性があります。しかし、DLやAIなどの新技術がカスタマージャーニー分析サービスやソリューションに統合されつつあることから、新たな成長機会が予見されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]