アストラガルスの市場、2021年~2027年は健全なCAGRで成長予測

アストラガルスの市場は、2021年から2027年の予測期間において健全なCAGRで成長すると予測されています。

市場インサイト

アストラガルス(APS)は、ハトムギの植物から抽出されます。ハトムギの主要な免疫反応成分は、アストラガルス(APS)です。アストラガルスは免疫系を調節し、免疫関連疾患の治療に使用されています。ハトムギは臨床応用において豊かな歴史を持ち、伝統的な漢方薬として広く知られています。アストラガルスは多様な健康効果により、地域で市場を獲得しています。現在、生産はアジア太平洋地域、中国に限定されています。しかし、その用途は世界中に広がっており、消費者や食品・健康産業の間で人気を博しています。

消費者の健康志向の高まりにより、健康に良い製品を消費に取り入れることが求められています。消費者は、免疫力を強化する製品を積極的に好んでいるためです。アストラガルスは、免疫システムを高めることが知られています。アストラガルスを含む食品やサプリメント、医薬品は数多く存在します。そのため、これらの製品の需要が増加し、最終的にアストラガルスの需要を増加させています。食品会社や製薬会社は、アストラガルスを製品に応用するための研究開発に力を注いでいます。

アストラガルスに関する研究の増加により、新たな食品および医薬品への応用が明らかになりつつあります。したがって、アストラガルスの食品および医薬品用途の拡大が、市場の成長を後押ししています。現在、アストラガルスの生産は特定の地域のみに限定されており、サプライチェーンの混乱などのイベントで供給不足になる可能性があり、また独占的な取引慣行が市場の成長を阻害する可能性があります。それでも、サプライチェーンや生産技術などの面で新たな技術的進歩が起こっているため、新たな機会が生まれると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]