網膜生物製剤の市場、2021年~2027年のCAGRは11.21%で成長予測

網膜生物製剤の世界市場は、2021年から2027年の予測期間において11.21%のCAGRで成長すると予測されます。

市場インサイト

網膜生物製剤市場は、2021年に180億米ドルと評価され、2027年には予測期間中に11.21%のCAGRで340億米ドルに達すると予測されています。網膜は人間の眼球システムの一部で、感度が高く、光の受信機およびプロセッサーとして機能します。網膜は光を神経信号に変換し、それを脳に伝えて人間の操作を行います。糖尿病性網膜症、加齢黄斑変性症、感染性網膜炎、黄斑浮腫、網膜芽細胞腫、網膜瘤、網膜変性症などの疾患により、網膜の機能や構造が影響を受けます。この問題を解決するために、微生物や動物・植物細胞の成分から作られた治療用のバイオテクノロジー製品である生物学的製剤が使用されています。

網膜生物製剤は網膜疾患の治療に使用されています。バイオエンジニアリングされた分子であり、慢性網膜疾患の治療のために目に投与されます。50歳以上の人にとって、加齢黄斑変性症(AMD)は失明の主な原因の1つとなっています。網膜疾患の治療には多くのアプローチがありますが、その中でも手術や薬物療法はよく使用されるアプローチです。

網膜生物製剤市場の成長を後押しする主な要因は、高齢者人口の増加と加齢黄斑変性症(AMD)などの関連疾患です。米国眼科学会(The American Academy of Ophthalmology)の調査によると、米国では約1,500万人の患者がAMDに苦しんでいるとされています。AMDは、特に高齢者において片目または両眼の中心視力低下を引き起こす可能性がある病気です。網膜生物製剤に関連する研究開発活動への投資が盛んであり、これが網膜生物製剤市場の成長を後押しすると予想されています。網膜生物製剤市場の企業間には多くの戦略的パートナーシップも存在し、予測期間中の市場発展を促進することができます。

高血圧や高コレステロール血症などの健康問題は、喫煙やアルコール摂取の頻度が高いことが原因となっています。このような健康問題は、網膜生物製剤市場にもプラスの影響を及ぼしています。糖尿病は糖尿病性網膜症や糖尿病性黄斑浮腫といった最も一般的な網膜疾患の1つであるため、糖尿病の増加も予測期間中の市場成長を後押ししています。

一方、網膜生物製剤市場の成長を阻害する要因としては、網膜生物製剤へのアクセスの悪さ、網膜生物製剤の不十分な入手性、生物製剤の有害な副作用、生物製剤承認に関連して政府当局が課す厳しい規制遵守、高コストによる非効率な治療薬、その他が挙げられます。しかしながら、高齢者人口の増加と可処分所得の増加により、網膜生物製剤市場には飛躍的な機会が生まれると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]