放射性皮膚炎の市場、2021年~2027年はCAGR 4.43%で成長予測

放射性皮膚炎の市場は2021年から2027年の予測期間においてCAGR 4.43%で成長すると予測されています。

市場インサイト

放射線皮膚炎市場は、2021年に3億6,300万米ドル、2027年には4億7,100万米ドルに達すると予測され、予測期間中のCAGRは4.43%であるとされています。放射線皮膚炎は、癌やその他の健康状態の治療に用いられる放射線療法を受けている患者に見られる皮膚の状態です。

放射線皮膚炎は、かゆみ、赤み、痛み、剥離、水疱などを伴う急性または慢性の疾患である可能性があります。さらに、この病気は重症度によって赤み、剥離、腫れ、皮膚細胞の死滅の4段階に分類され、がん患者にとっては大変つらい病気です。治療には、ハイドロゲルや銀レアなどのドレッシング材など、多くの薬や軟膏が使用されています。さらに、がん治療のために放射線を受けた患者の95%近くが放射線皮膚炎に罹患し、そのうち約85%の患者が中等度から重度の皮膚症状を呈していると言われています。多くの先進国では、がんの治療を受けた患者の半数近くが放射線治療を受けており、その約半数が何らかの皮膚反応を経験していると推定されています。

世界的ながん患者の急増や放射線治療の普及といった要因が、予測期間中に放射線皮膚炎市場の成長を促進すると予測されます。公共および民間の医療機関の数は増加し、一貫して放射性皮膚炎の管理と治療に関する意識を促進しようとしています。これが市場の成長を促進する主要因となっています。放射性皮膚炎治療製品の治療効果を評価するために実施される臨床試験の数は増加しており、このため製品パイプラインは拡大すると予想され、市場の成長を後押しすると考えられます。

しかし、低開発国の人々は、急性または慢性の放射線皮膚炎に関する情報が不足しており、予測期間中の市場発展の妨げになることが予想されます。一方、先進国では、生活の質の向上に対する意識が高まっており、医療施設も世界的に拡大していることから、予測期間中に市場成長のための大きな機会が生まれると期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]