動物向け遠隔放射線診断の市場、2021年~2027年はCAGR7%で成長予測

動物向け遠隔放射線診断市場は、2021年から2027年の予測期間において7%のCAGRで成長すると予測されています。2021年に3億米ドルで、2027年には4億3,900万米ドルに達すると予測されています。

動物向け遠隔放射線診断は、画像が作成された現場に存在しない放射線治療医による臨床画像の識別と解析に使用される技術です。コンピューター断層撮影、X線撮影、磁気共鳴画像、核スキャン、超音波スキャンの4種類で作成された放射線レポートを、あるサイトから別のサイトに転送し、専門家の放射線治療士から解釈や相談を受ける医療行為です。動物向け遠隔放射線診断は主に病院、ペットクリニック、動物用放射線センターで使用されています。この技術は、病気を診断するためのデータの解釈に使用されます。獣医技術は、偶発的な原因の治療のための革新的なソリューションとして知られており、異なる場所からの異なる専門家の治療のための迅速な意見に役立ちます。

伴侶としてのペットや家畜の人口増加、動物疾病の流行が市場成長を促進する大きな要因となっています。また、獣医の開業医の数の増加と動物福祉支出の急増は、動物向け遠隔放射線診断市場を促進すると予想されます。支援償還規則、ライブデータ分析などの技術革新は、予測期間中に市場の成長を推進すると予測されています。さらに、健康や病気の識別への影響を観察するためのリアルタイムデータと人工知能の使用は、市場の成長を後押しします。人口の意識上昇と画像解釈は、予測期間中の市場拡大を促進します。しかし、熟練した技術者や放射線技師の不足、動物向け遠隔放射線診断に関する認知度の低さが市場成長を抑制する可能性があります。サービスの高コスト、画像伝送の問題、新興国における認知度の低さは、市場の大きな課題になるでしょう。

地域の存在に基づいて、市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中東&アフリカ地域に多様化されています。北米は、動物の養子縁組の数が多いため、世界市場を支配すると予想され、病気の増加、動物の事故が発生しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]